空色の明日
DiaryINDEXpastwill


2009年01月28日(水) なつかしの名曲その2

シリーズ化してしまいそうなぐらい
どんどん見つけてしまいます。

今日はアンジーの「銀の腕時計」です。
アンジー、どこに行ってしまったのか。
馬鹿な曲ばかりやってると思い込んでいたので
この曲を聴いたときに衝撃的でした。
シングルCD(その存在自体が懐かしい小さいCD)を
即買いして、今でも私の中では「泣け歌」です。
PVもなんか切ないです。
なんとかアンジーを見せないようにしようとしているのが
みえみえでよけいに切ないです。


2009年01月27日(火) なつかしの名曲

ものすごく懐かしいものを見つけました。
たぶん、私が中学生ぐらいの頃のPVです。
知ってる人はものすごく少ないと思います。
こういうのを今はもうレトロというのでしょう。
衣装やメイクなどすべての時代背景が80年代です。
タンゴ・ヨーロッパの「桃郷シンデレラ」という曲です。
CDも近年やっと発売され入手しましたが
やっとYouTubeでUPしてくれた人がいました。
最近、この年代の曲のPVにハマっています。


2009年01月26日(月) 昨夜のナガセくん

情熱大陸に長瀬智也くん。

今年キテると思う人、この前、書いた井川遥さんと長瀬くん。
ちょうど今、マイケル・アリアスの映画のプロモーションで
やたらにTVには出てるのだけど、「歌姫」あたりから
きたなと思った。

ワイルドな男の子がそろそろ本気でド〜ンとくると思う。
兄貴的なかんじの大きさ。
彼個人は普通に礼儀正しいジャニな人というイメージだけど
役者になると存在感あるなぁと思う。ずば抜けて。


話は変わって、久しぶりに実家に帰りました。
途中、電車の乗換えで元町あたりをぶらぶら。
今日から春節祭なので少しにぎやか。
やっぱり神戸のほうが大阪よりなじむなぁ。
お買い物も俄然、購買意欲が湧いちゃう。
大阪生まれで結婚して神戸に住んで16年の
友人のさるちゃんも最近そんなことを言ってた。
年齢かしら(笑)
梅田は人が多すぎて疲れてしまって
いつも逃げるように電車に飛び乗って帰ってきてしまう。

元町大丸に大好きなイグレックプリュスが入ってたので
お土産に買っていく。
近頃、梅田にも東京にも出店していて
こういっぱい出店するとありがちなレベルダウンにならないか心配。
細長い系ショートケーキは私の中では大好きなケーキ上位ランク。

帰りは帰りで、旦那さんへのお土産に最近元町で人気の
美侑でショートケーキを購入。
食後のお楽しみにとってあります。


2009年01月21日(水) 今夜のコイズミさん

小泉キョンさまの「SONGS」。

私は思うのです。
セットの中で歌うのがなんて似合う人なのだろうと。
やっぱり私の中ではコイズミさんはTVの四角の中で
キラキラとしていて、そしてそれが誰より似合うから
楽しくて観ていてドキドキして素敵なんだと。

例えば紅白で小林幸子さんが毎年すごい衣装を着てるのって
笑っちゃうけどなんかそのサービス精神が嬉しい。
びっくりさせてあげようって気持ちが嬉しい。

等身大の魅力ってものも素敵だけど
こんなに地味で薄暗い世の中だからこそ
なんか最近、昔のジュリーのエンターテイメント性とか
を観ていて無性に欲している。
たぶん、元気が欲しいんだと思う。

癒し系っていうものでは、もう満たされない時代なのかも。
今日のオバマフィーバーを見て感じたように
エネルギーを求めてるんだな、世界が。
私も全然ファンでもないけどオバマさんの発する
元気パワーに笑顔になったし心が動いたな。

昔のいろんな衣装で歌ってるコイズミさんを見たほうが
なんか元気な気分になったのでそんなふうに思った。

だけど、楽しそうにしてるコイズミさんはやっぱりかわいい。
楽しそうに歌ってくれるとこっちも楽しい。
あと、コイズミさんのおしゃべりは
最近ぐっとぐっと面白い。
言葉の選び方も、考え方も。
というか、今まであまりに喋らなかったしね、キョンちゃんは。

楽しかったからまた、TVでおしゃべりもたくさん聞かせて欲しいな。


2009年01月20日(火) ドラマなど

秋ドラマは充実してたなぁ。。
録画して何度も見直した久々の作品たち。

「風のガーデン」と「流星の絆」
真逆のツボ刺激作品でした。

それらが圧巻すぎて今期はいまひとつ盛り上がれない私。
昔からだけど、倉本作品は好きなのに山田作品はなんかしっくりこない。
言葉が私の中で浮いてるのです、なぜか。

今とりあえず面白いなと思ってるのは
「VOICE」
「きらきらひかる」を思い出すのは私だけでしょうか。

あと、松ケンだから「銭ゲバ」を見たけど1話は重すぎた。
あの食堂がどのように絡んでくるかにやや期待。

あと「ラブシャ」は軽めだけど根底に野島カラーが。。
あんまり思い方向に行かないでほしい。
結構面白かった。
私ならDAIGOくんを大切にするな。お金じゃなく(笑)

「リセット」は普通に面白い。ホント普通に。。。
「世にも奇妙な物語」風。

あと、見ようと思ってるのは「キイナ」。


最近、気になっている人。
井川遙ちゃん。
秋ドラマ「THE ROOM OF KING」の時になんかすごく魅力的だった。
そのうち産休に入ってしまうだろうけど
なんか、今すごく彼女はいいかんじな気がします。

最近下手すると1日中勉強してたりして、全然外出してないので
ちょっと近所を散歩しました。
引っ越してきてからもう2年になるのに
(あ、結婚記念日忘れてた)
全然近所を知らない。
っと、書きながらものすごく結婚記念日を忘れていたことを気にしている。

だいたい、女のわりに記念日への執着心がなさ過ぎる私。
入籍だけしかしないとこんなにも結婚記念日って存在感のないものか・・。
あぁ、反省だ。
男の夫が忘れるのはいざ知らず、せめて女の私が少しは騒ぐべきだ。
いかんいかん。
今夜帰ってきたら騒ごう、少しだけ。感謝の気持ちをこめて。


2009年01月17日(土) 不景気の波

先日やっと離職票が届いたのでハローワークに行きました。
年末に離職するもんじゃないですね。
ただでさえ、離職票ってすぐに届かないのに、正月休みがあるものだからすっごく待たされました。
とはいえ、担当者の方がとてもきちんとした方だったのでそれでも最速でやってくださったので助かりました。
(前回は、くれ!と催促しないと忘れられてた・・)

連休明けだったこともあるでしょうが、ハローワークはものすごい混み様です。
結局、会社が閉鎖になったもののタイミング悪くすぐ直前に一身上の都合で退職願を書いてしまったため3ヶ月は失業保険待機かも・・・。
すぐに仕事が見つかるかとも思ったけれど
ないです!びっくりするくらい。
一般事務という求人の少ないこと!
条件の良いものに応募しようと思い、紹介状を依頼したら
「現在の応募者196人ですけど、それでも応募します?」と
窓口の人に逆に聞かれてしまった。
1人の求人の196倍ですかっ!!??
ありえない。

前回、ハローワークのお世話になった時も
それなりに雇用状況はよくありませんでしたが
今年はなんといっても世界中が就職難ですから。。
あぁ、今年もツイてないのか?私。

求人チェックしても気がめいるばかりなので
とにかく簿記の勉強に集中しています。

そんな私の今の楽しみは
ハリーポッター再読破。
「死の秘宝」を読んでからもう一度全巻読んでみると
いろんな人のいろんな裏側の気持ちが読めて
さらに面白いです!面白すぎです。
今日、「謎のプリンス」を読み終えました。
今日から2回目の「死の秘宝」です。
正直、全巻が長すぎて2回目でも途中でどんなことがあったか
忘れてしまいがちです。
たぶん3回目も読むんじゃないかとさえ思います。
失業という現実から逃避するにはあまりにぴったりな
ホグワーツ魔法学校です(笑)


2009年01月12日(月) 1月のお芝居

劇団四季のオペラ座の怪人を見てきました。

10年以上前にも一度みたことがあるのですが、その時はまだ関西に四季の常設劇場がなかった時代だったのですが、今はりっぱな劇場でゆったりとくつろいだ気分で観劇し、その前後も綺麗なビルの中を豊かな気分で余韻にひたりながら帰れるという、観劇には理想的な環境が整ったなと思います。

今回はあるご招待で見せていただいたもので、席も良い席で贅沢に見ることが出来ました。
冬のお芝居は出演者の方たちも体(とくに喉)のコンディションとの戦いだと思います。
劇場も乾燥しているのでオペラ座ような歌が大きな位置を占める演目は特に大変ですね。
四季のクオリティの高さには毎回感動します。
久しぶりにゴージャスな気分を味わわせていただきました。
音楽が前後のストーリーの流れの鍵を握っていたりするので何度も観て楽しめる作品だと思いました。

終了後、特別にバックステージツアーに連れて行っていただき、出演者の方が説明をしてくださいました。
普通ではなかなか入れないところに入れていただいて感動したのはもちろんですが、出演者の方の細やかな心遣いと礼儀正しさに本当に驚きました。
私もそれなりに年齢を重ねていろんな芸能に携わる方々に何度かお会いする機会がありましたが、私たちが観客であったからというのもあるでしょうが、舞台でのその方のイメージを裏切ることなく本当に丁寧に一人一人に心配りしてくださるすばらしい方でした。
エンターテイメントって、舞台を降りてもお客さんの前ではどこまでも夢を見させ続けなければならない大変なお仕事だと思うのですが、そういう部分までとても優れた方だなと思いました。

今月は月末にもう1本お芝居を見に行きます。
寒い季節のお楽しみにはぴったりなお芝居。
お正月が終わってちょっとぼんやりしている時期に
華やかな舞台はとてもよいなと思います。
1月はお芝居を観るっていうのも良いな。


2009年01月08日(木) 面接

年末に応募していた会社に面接に行きました。

以前に半年近く仕事をしてなかった時、
ガンガン履歴書を送ってもなかなか
面接してもらえなくてかなりへこんだので
(面接してもらえばだいたい採用されるし)
面接に呼んでもらえるだけでもありがたい。

でも応募していた求人では選考漏れで
他の事業所での仕事をどうかという話だったのですが
そんなふうに言ってもらえるだけでもちょっと嬉しかったな。
実際にはバイトみたいな時給の仕事だったし、遠かったので
残念ながらご辞退申し上げたのですが
「いい人だとわかるので、また求人が出たら声かけていいですか?」
と言ってもらえたのがすごく嬉しかった。

どうせなら1社目じゃなく何社か落ちた時に
そんなふうに言ってくれたらすごく勇気付けられたのに(笑)
先にとっておきたかったな。
ま、選考漏れなんだけど。


帰りに、面接先の近所の西宮ガーデンズへ寄りました。
全体に好きなテイストのお店が多いので
もっと近所に欲しいな。
でも西宮の会社に応募したのは、ガーデンズの影響も大きいな(笑)
いやいや、いかん。
そんなことで決めてはいけないのだ、私よ!


2009年01月04日(日) あけましておめでとうございます

2009年になりました。

今年はどんな年になるやら、私自身もさっぱりわかりません。
地図を広げてなんだか冒険の準備をしている気分です。

望むことはみんなが健康で笑顔でいてくれること。それだけ。

年末は大急ぎでお節を作って、お煮しめが思いのほかよくできて
お重につめたら、何もしないながらもお正月準備の気分でした。

紅白を見て、やっぱり大橋のぞみちゃんを見ると涙が出る。
女の人間の母性という本能なのでしょうか。
くそ〜、と思うくらいかわいいです(笑)

新年、実家へ。
おばあちゃんが正座をして新年のご挨拶を述べてくれる姿を見て
日本のお正月を感じる。
(この頃、どんどん物事のスタイルが昔へタイムスリップしていくおばあちゃん)
こうして実家へ一緒につきあってくれる夫にも感謝。

街へ福袋を見に行く。
夫の靴下10足1000円の福袋と
大好きな瑞花の米菓詰め合わせ福袋を買う。
瑞花、薄揚げ以外もやっぱり美味しい。
夫のモノを買うということも幸せのひとつだと感じる。

そんなこんなの三が日も終わり、録画していたTVなどを見る。

何度も見たけど、武道館の久石譲さんのコンサートに
はじめから終わりまで涙だだ流し。
私が一番好きな曲は「ハウルの動く城」の曲。
子供の時から短調のワルツを聞くとなぜか鳥肌がたちます。

映画「オリオン座からの招待状」をローカル局でやってたのですが
宮沢りえさんは、はかなさキャラとして
日本の映画界ではなくてはならない存在になりましたね。
静かで優しい映画でした。

こうして今年はとても静かなお正月が過ぎていきました。


安藤みかげ |MAIL

My追加