空色の明日
DiaryINDEXpastwill


2008年12月31日(水) よいお年を

今年も1年ありがとうございました。
どんなにコツコツと暮らしていても
何かしら起こってなかなか平らにはならない毎日です。

だけど、こうして年末に笑って紅白みながら
こたつでみかん食べたりしてるってことの幸せに
私を囲んで見守ってくれる人々に感謝
がんばってきた過去の自分に感謝

そして明日からの新しい年に希望を託して
よいお年を


2008年12月30日(火) 成果

クリスマスはゆっくりとオーブンでチキンを焼き
夫婦で晩御飯。
これが一番の幸せなのだろうな。
っと気付いたのはそれまでにいっぱいいろんなことがあったからでしょう。

若い時の苦労は買ってでもしろといいますが
幸せをみつける目線をたくさん増やすための手段って
これしかないのかもしれないなと思います。

年末、お肉屋さんをしている夫の実家のお手伝いをしています。
お商売をしているところはどこも大抵年末は忙しいですね。
お節作りや大掃除なんかそっちのけで商売の手伝いをするのは
お商売をしている家の嫁の定めです(笑)
そんなことも当たり前のこととしてすんなりお手伝いできるのは
自営業の嫁、2軒目(爆)だからでしょう。

お客さんや家族たちに「みかげちゃんは偉いねぇ」と言って貰えるのも
前の家族のみなさんのおかげかもしれません。

いろんなつらいこと、苦しいこと、悲しいことがあったとしても
修行と思ってがんばればいいやと思ってここ何年か過ごしてきましたが
その修行の成果が今の幸せだと感じます。
今年のいろいろな仕事上の困ったこともそんなふうに考えてきたから
今もこんなふうに意外と気持ちにダメージを受けずにいられるのです。
強くなるということはなれることではなく、
やっぱり希望を持ってポジティブに意識を替えられること。
そしてその手段を試行錯誤しながら見つけていくことなのかもしれません。

そんないろんな今までのことが形になってきた1年でした。


2008年12月26日(金) シンプル

今日で会社を退職しました。

こんなに辞めた時に、寂しさとか惜しさがない職場だったから
やっぱり縁がなかったのです。

勤めていると必ず何本かの鍵を預かります。
束になっていた鍵の中から3本返して、家の鍵だけになって
家についたときに取り出した鍵の軽さに「シンプルになった」とつぶやきました。

自分の体ひとつ。
それを心地よく動かしながら働ける職場に来年はまた出会えるといいな。
しがらみと言うにはあまりに気持ち悪い居心地から開放された気持ち。


2008年12月23日(火)

出勤も残り1日となりすっかりバカンス気分。
(いや、あなた失業ですけど)
ロングバケーションですわ、私。

ということで、ちょっと旅に。
御岳山の濁河温泉に行きました。
バス旅行(最近ハマッてちょくちょく行く)だったので
運転も気にしないでのんびり行けるので楽々。

夏にも美ヶ原に行ったのですが、
その時は夜に天気が悪かったので星が見えず
今回はリベンジ!と行ったのです。

雲ひとつない快晴で、山々が普段なかなか見えない山まで
きれいに見れて添乗員さんも写真タイムを多めに設定してくれて
「信州に来たなぁ」と実感できる時間でした。

そして夜には満天の星!!!
これに憧れてたんです!
私の住んでるところも結構街中よりは見えるほうですが
「こんなに星が隠れてたの?」って思うくらい
夜空にびっしりの星。
天の川も初めて見ました。
いや、40年近く生きて天の川も見たことないのですよ。
そんな自分にびっくりです。
日本の空がどこもかしこも明るすぎるということなのでしょうね。

流星群の多い今月だったのでその日だったらすごかっただろうなぁ。

お宿は御岳旅館というところに泊まりました。
普通のお風呂と露天風呂に加えて混浴(水着可)露天風呂があって
そこは外階段を160段下ったところにあるのですが、
お風呂でのぼせて心拍数の上がった体で
その階段を登ったがために途中で立ちくらみしました(笑)
体力に自信のある方以外にはおすすめできません。

お食事は秘境の地であることを忘れるほど
工夫を凝らしたもので、量もほどよく満足でした。


そうしている間に、ノンスタイルがM1獲りましたね。
関西ではバラエティ番組でしょっちゅう目にする2人なのですが
私はすごく好きだったのですごく嬉しいです。

今年はなぜか全然クリスマス気分じゃないので
リースもツリーも準備してない。。
いかん、こんなことでは。


2008年12月15日(月) 残すところ

出勤もあと3日。

昨日、ボーナスが出ないと言っていたけど
今日会社に行ったら明細が届いてた。
貰えないと思っていたものを貰うと嬉しい。
しかもこの何年も月給の半額とか
そんな金額しか貰ってなかったから
意外にも2か月分もらえて嬉しい。
これで安心してしばらくは仕事探しできそう。

さて、これでしばらく梅田に行くこともなくなるので
ものすごく久しぶりな友達とお昼を食べた。
おそらく5年くらい会っていない人。

全然変っていなかった。
ただ、仕事の責任感というかそういうものだけが
しっかりと大人になっていて
以前に会った時に
「この人はこんな風に成長していって欲しいな」と
思っていた通りの感じに変化していて、
そして良い部分はそのままきちんと大切に残していて
会ってなんだかとても嬉しかった。

心の優しい、温かくやわらかな人。
年を重ねるごとにいろんな苦労もあるだろうけれど
自分の中で大事にしている部分は
大事にしていこうという気持ちさえあれば
必ずキープしていけるものなので
自信を持って大事にしていって欲しいなと
10歳ほど先をあるいている私は思うのです。


2008年12月14日(日) 今年を振り返る

発生したばかりの有給消化に入っていますが
全くと言っていいほどお仕事がありません。
いや〜、ほんとに不況です。
なんだろ、これ。
こうなったら長期戦で探すしかないか…
っと、簿記の勉強するこたつ受験生。

でも、こうして住む所をきちんと与えてくれる
家族がいることに心から感謝。
じゃないと、今頃本当にジタバタして
またつまらない仕事に飛びつくことになっているだろうから。

もうじき辞める会社、やっぱりひどい。
雇用契約書には冬のボーナスを
くれると書いてたのに、くれない。。

なんか今年は本当にいろんなことへ縁がなかった。
ただコツコツと真面目にやっていればよいと思って
やっていたことあざ笑うかのように
嘘つきや、裏切りに巻き込まれて尻拭いさせられてた気がする。

まぁ、だからといって自分が悪いわけではないと
周りはみんなわかってくれているので
「運がなかった」と慰めてもらえるだけありがたいのですが。
私をスカウトした人事部長にも「本当に申し訳なかったね」と
言われたけど、そこで
「謝られてもね」と言えず
「お声をかけてもらえたことが嬉しかったから」
と言ってしまった自分が好きでもあり嫌いでもあり。
確かにその部長さんの仕事の仕方はとても好きだったから
できることならその人のそばで働きたかったな。

巡り会わせが悪い年だったと思って
ちょっと自分を休めてあげて来年に気分一新します。


2008年12月11日(木) 敬意ともてなし

ノーベル賞授賞式の様子に心が震えました。

英語が苦手な受賞者の方への配慮からでしょうか
日本語での授与式が行われました。

日本語はおそらく世界でも使用頻度が非常に低い
言語だと思いますが、その言葉を使うということの意味は
とても深いと思います。

敬意、そしてもてなす気持ち。
ともすると、日本でも往々にして翻訳は英語にしがちです。
もし、日本でとても少数民族の言語の方の授賞式を行うとして
わざわざその方の国の言葉を表彰者が練習してくるでしょうか?

それだけの敬意ともてなしを受けるだけの偉業を
受賞者は成されたということの証であるのはもちろんのこと、
それだけの配慮で受賞者を迎えた方々の気持ちが
なによりもノーベル賞という賞が国の垣根を越えた
世界規模の賞であるということを物語っていると思います。

今まで、それだけの配慮をもったもてなしの風景を
海外の授賞式であまりみたことがなかった日本人にとって
今回の出来事は
「国を誇る」
ということを忘れかけた我々に
大切なことを思い出させてくれたのではないかと思います。

この小さな国が世界に胸を張るその瞬間の心震える気持ち。
その気持ちを持って、日本人であることに誇りを持って
周りを見渡せば、世界はもっと広く見えるのではないでしょうか。


2008年12月10日(水) チョコ

気まぐれで応募した某関西エリア女性誌の「バレンタインチョコ試食会」に
当選したので行ってきました!

大阪の有名デパート2社で来年のバレンタインに販売予定の
輸入物や限定物のチョコ約30種を食べ放題!!
バビだってラ・メゾン・デュ・ショコラだって山積みです〜♪

とにかくいろんな種類を!って25種くらい食べました。
もう当分チョコはいらない〜。
しかも一粒何百円もするものをドカ食いするなんて
めちゃくちゃ贅沢すぎます〜。
何千円分、いや1万円分ぐらい食べたんじゃ・・・。

ペア参加だったので、ウチの食いしん坊なダンナさまが
「行く行く〜♪」と同行したのですが当然男性は彼1人。
周りの女性陣に「男性としてはどんなものが欲しいですか?」
との質問に「こういう細々としたものは所詮女性趣味だ。
もっとドカンと欲しい。っていうかやっぱり手作りが一番」だって(笑)
デパートのバイヤーの方々には聞こえてないといいが・・。

でもたぶん、「どんなもの」というよりも
やっぱり「貰う」ということが大切なのだろうな。
「どんなものでも貰うと嬉しい」というのが本音だと思います。
ま、いっぱいもらいすぎる人は選り好みしたいのでしょうが。

途中で「お口直しに・・」と編集者の方が出してくれた
珍々堂のマヨネーズあられ(正式名称は錦マヨネーズ)が嬉しかった。
さすが!これを出してくるあたりがさすがである!某誌!
私も気の置けない友達への塩味系おやつ土産はこれです。
デパ地下で量り売りです。


2008年12月02日(火)

前の会社がなくなるって時は
会社の中を空っぽにしなきゃならなくて
かなり広い会社だったし、備品やらなんやらと
モノの多いところだったから大変だったけど
今の会社は狭いしモノ少ないし、何よりも
もともと「仕事がない」ので始末するものもなし。

6ヶ月おりましたが、売上ゼロですよ。
なんですか、この会社ですよ。
なんだったんだろ、この半年。
でも、お給料貰えただけありがたいこと。
なんだか夢の中みたいな、幻みたいな1年だったなぁ。
来年はもうすこし現実的な1年であって欲しい。

キョンちゃんの出演番組などを見る。
私は彼女のことが好きだが、近頃の彼女の歌はひどい。
全然声が出ていない。
自分も歌っていたことがあるので解るが
歌わない時期を少し作ってしまうと
人間はすぐに声が出なくなる。
そして練習するとまた出るようになる。
レコーディングしたものは、いくらでも調整できる。
そして成功したテイクばかりを繋げて1曲に仕上げたりできる。
でもライブやTVではそうはいかない。
マイクをいいモノにしたりしてるけど、
あれではマイクでごまかせる範囲ではない。
せめて歌仕事に入る前にはボイストレーニングをしよう。
昔の歌は、のどが声を出す動きを記憶してるし
キーもかなり調節して作ってもらってる作品だからなんとか歌えてるけど。
今の歌はとても難しいし、それをTVで歌おうっていうのなら
それを歌いこなせるようになっておいて欲しい。

でないと「私コイズミさんの歌好き」って人に言うの恥ずかしい、私。


安藤みかげ |MAIL

My追加