空色の明日
DiaryINDEXpastwill


2007年04月22日(日) 体験ギフト

結婚祝いに「experience gift」なるものを頂いた。
カードが入っていて、そのカードにはいろんな「体験」のリストが載っていて、どれでも好きなものをひとつ体験させてもらえるというもの。
たとえば、フラワーアレンジメントとか陶芸、バレエや社交ダンスのようなおけいこものもあれば、エステやまつげエクステンション、歯のホワイトニングなどの美容体験ものもあれば、舞妓さんになって写真をとってくれるもの、ダイビング、サバイバルゲーム、占い教室など、とにかくバリエーションはたくさん!

すごくすごく迷って、「よもぎ蒸し&酵素風呂4回」というのを選んで行ってみました。

普段、サウナであまり汗が出ない私。
大丈夫かなぁ・・とまずよもぎ蒸しをやってみました。
非常に原始的なサウナというかんじ。
漢方のような薬草の香りが好きなので匂いは問題ないけどあまり汗が出ない・・・。
っが、そのまま続けて酵素風呂に入ったらこれはすごい!
たぶん連続してやったからというのもあると思うけど、ほどよくじわ〜っと汗の出る温度なので快適。
ビルの中にこんなでっかいものをよく作ったねと思うほどでっかい浴槽におがくずをしきつめた酵素風呂。
酵素の匂いがかなりくさいのですが、それさえ我慢すればいい感じに汗が出ます。

う〜む、何事も体験だ。
こういう「やってみるにはなかなか勇気が出ない」ものは、こういう入り口から入るとやりやすいなぁ。すごいギフトを考える人がいるもんだなぁ・・とちょっと感心。


2007年04月18日(水) 東京出張

年に一度の東京出張へ。
今回は2回目だったので予定も立てやすく、まずは新大久保の韓国料理「ハレルヤ」へ。
1人前が常に3〜4人で食べるぐらいのポーションなので4人で4品でお腹いっぱい。
化学調味料系の味が多い韓国料理と違い、本当にシンプルな味で本場の味ってかんじでした。(本場の味を食べてないのでわからないけど無駄のない味)

それから新宿の伊勢丹へ行って、ピエール・エルメのマカロンをGET。
マカロンがなぜそんなに流行っているのか解らなかった私も納得。しっとり。味のバリエも豊富できちんとフルーツの味がして美味しいです。
でも美味しいものが世の中に多すぎるので、マカロンとしては美味しいけど私はもう別にいいかなというかんじ。そしてそこのクッキーをお土産に買って帰りました。これも「そりゃ、いい材料使えば美味いわな。」というお値段に相当したカロリーの高そうな味でした。

そして最後に日本に1店のクリスピークリームドーナツへ。
平日の雨にもかかわらず、1時間待ちです。
とりあえず並ぶ。
並んでると試食に目の前で揚げ立てのドーナツを頂く。
正直、この店商売上手!
仮に味見程度に2〜3個買おうとしてた人もこれを食べると5〜6個買おうと思ってしまう。
おまけに「1ダースだったらすぐにご用意できます」と列をスキップできる。
5〜6個買おうと思ってた人はついこっちにいくわな。
さすがに2人家族の私が1ダースはいらんのでこれはやめたけど。

っで、買ってかえって食べる。
正直に言います。さめたらミスドとおんなじです。
チンしたらミスドよりは美味しいです。
でも並んでた時の試食が一番美味しかったです。
きっとミスドも揚げ立てだと美味しいと思います。
しかも箱がものすごい持ち難いです。ミスドの形にして欲しい。
でも、やっぱり話題なのですね。
新幹線であの箱を持ってる人がどんなに多かったことか。
たぶんあの行列に並んでる人で東京都在住の人は半分以下だと思います。

またしても食道楽の出張でした。
(このくらいの楽しみがないとあまりに厳しい出張なのですよ)


2007年04月11日(水) ご挨拶

以前、訪れた近江八幡がとても素敵なところだったのですが、夫の家系が近江八幡でお墓参りとお花見をかねてたずねてみました。

満開の桜が水郷にかかってタイムスリップしたような町並みは本当に何度訪れても美しい風景です。

クラブハリエで焼きたてのバウムクーヘンを食べて、川魚の佃煮を買って、ドライブしながらお花見しました。

お墓に行ったら、大きな桜の木が美しいお墓でいっぺんにその場所が好きになりました。
夫の父のお墓にいくと、墓石にからすがとまっていました。
まるで初めてご挨拶するお父さんが出迎えてくれたかのようでした。

お墓のお掃除をしようとしたらいっぱいお墓の周りにいっぱいスミレが咲いていて、少しそれをよけながら雑草を抜きました。
なんだかとてもとてもぽかぽかと気持ちのいいお墓参りでした。

結婚して、夫の周りの人に会うと、みんな夫にむかって「あんた、なんかいい顔してるわ」とか「これであんたも明るくなるわ」と言います。
周りの人にそういってもらえるのが一番私も幸せです。
お墓に眠るお父さんもそう思ってくれたでしょうか。


2007年04月05日(木) やりたくないこと

仕事で初めて会社の人と喧嘩した。

ずっとほんとにうまくやってたのに、ちょっと今の仕事は高度すぎていろんな意味で人に理解をしてもらえないところが多いのです。
っで、誤解を招いて気まずくなった。

ものすごくものすごく悲しい気持ちでこの何日か過ごしたのだけど、最終的には私のほうに非がないことをわかってくれていた何人かの人がいっぱい協力してくれて誤解がとけました。

このごろ人と衝突することが多い。
それは本来の自分ならやりたくないようなことを仕事でやるからしわ寄せが来るのだと思った。
人が嫌がってやらない仕事をやるということは、やっぱり人から誤解を受けやすい。けれど私も自分で選んでやった仕事ではない。
そういうことをわかってくれてる人がきちんとそばにいてくれたことが嬉しかった。

そしてそんないろんなことがあったとしても、家に帰るとそこには本当の自分をわかってくれている人がいるという幸せ。
どんな時もそこにいてそっとやさしく見守ってくれる人に感謝。


安藤みかげ |MAIL

My追加