空色の明日
DiaryINDEXpastwill


2006年12月31日(日) よいお年を

あっという間に今年1年が終わりました。

忙しいとどうしても大雑把に暮らしてしまいます。
けれど、それもちゃんと仕事があって、安心して暮らせるという幸せなのですから今年はそんな年だったということにしましょう。
でも人とのおつきあいをもうちょっと丁寧にしたかったな。
それが反省点。

関西は穏やかな晴れ。
来年がみなさまにとって穏やかな日々でありますように。
よいお年を。

安藤みかげ


2006年12月30日(土) 振り返る

28日から冬休みが始まって、去年もだけどこういうお正月休みというものに10年くらい縁のなかった私なのでとてもとてものんびりといい感じに過ごしています。
ないものと思っていたものが貰えるようになるとありがたみが倍増します。
気付いて手に入る幸せ。

今年もう終わり。
今年やったこと。
秘書検定準1級とった。
簿記検定3級とった。
ジムに通った。
英会話、少しだけ上達した。
仕事がランクアップした。

1年って短いようだけど、今年はがんばったなぁて思う。
去年から火がついた勉強熱をそれなりに(ものすごいものは正直ないけど)形にした1年でした。
今年1年は「自己投資」の年でした(笑)
また、もうひとつ上を今度はひとつづつ狙いたい。
(たぶんこれだけ全部を一度にレベルアップするのは相当に困難なので)

去年は心を、今年は頭と身体を鍛えた年でした。
来年は何を鍛えよう・・(笑)


2006年12月28日(木) 冬休みのはじまり

クリスマス。
クリスマス会をして15年来の友達とワイワイやる。
お友達が「薫る植物」をとヒヤシンスと梅をプレゼントしてくれる。
今までありそうでなかった素敵なプレゼント。

忘年会、これまた10年来の同僚や上司と北新地で。
いいお酒と美味しいものをたっぷりいただく。

いっぱいいっぱいいろんなことがあって、私の生活は変わったようだけど、私の周りに居るメンバーは変わらない。
みんな素敵な笑顔で、みんな私と遊んでくれて、みんないい大人のまま。
いい方向にみんなで変わっていこう。来年も。



ルピシアの福袋を今年は思い切って1万円のにしてみた。
5000円の倍入ってるのかと思ったら単価が倍のお茶が同じくらいの量入っていた。
福袋でないとなかなか飲めそうもないものばかりでこっちのほうがいいな。


2006年12月22日(金) もうひとつの世界のこと

オーラの泉に檀れいさんが出てました。

出てくるなり「美輪さんを見て涙が止まらない」といっていたけど、私も1度だけ美輪さんの講演会に行った時、一番前のど真ん中の席だったんだけど、美輪さんが出てくるなり涙が出てきました。
まぶしくて見ていられない感じでした。
そして前の席だけでなくまんべんなく会場を見ながら話していらっしゃるのだけれど、顔についている目以外の目線で自分の心の中をじっと凝視されているよう視線を感じるような感覚がずっとありました。

それと、江原さんいわく檀さんがお香に包まれているように見えていて、何もしてなくてもお香の香りがするといわれたことはないか?と言われていたけど、私も一度彼女の横を通り過ぎた時、そんな香りを感じました。
プライベートな感じのときはそんなことはなかったけど、仕事スイッチの入っている時、特に(その時は楊貴妃の役の仕事をしていた時だったのだけど)。

自分で霊感があるとかそういうのは全然思わないけど、よくピンときたりすることの意味が少しだけはっきりした気がしました。
というか、今まであそこに出てくる人で、会った事のある人がいなかっただけに、美輪さんと江原さんの話していることがどこまでリアルなかんじの話をしているのかということが具体的にわからなかったので、その尺度がぼんやりわかったかんじで面白かった。

それと、檀さんと並んでほとんど背の高さがかわらない太一くんって(檀さんはヒールを履いていましたけど)本当に小さいんだなと・・(笑)


2006年12月17日(日) 希望

新しい仕事が最近少し忙しい。
新しい仕事というのは職業紹介業であります。
私の会社はある職種の国家試験の予備校で、その職業の求人・求職をコーディネートする仕事をほそぼそとやっています。

12月はボーナス月なので、最近仕事を探してる人が多い。つまりボーナスを貰って退職する人が多いのでしょう。

この仕事は誰も今まで職業紹介業をやったことがないメンバーで立ち上げされたもので、実際に私も誰からもやり方を教えてもらっていません。
去年、転職にあたって派遣会社などに何度か足を運んだ経験がなかったらたぶんどんな風に求職者の方々と話して良いかまったく想像がつかなかったと思います。
こんなところで、あの半年のいろいろな経験が役に立つとは・・。
本当に何事もやってみるものであります。

今まで「補佐」という仕事をメインにやってきたので、何かを切り開いたり推し進めたりする仕事は初めてなので、「営業トーク」素人の私なりに、毎日が発見と反省。
本当は話すのはあまり得意でないから「補佐」という影の仕事が好きなのですが・・(笑)

職業紹介を希望してやってくる人は、今の仕事に不満があるから転職する人なので、中には完全に疲れきってやってくる人もいます。

「今よりも自分が楽しく働けるようになるために転職するのだから、希望を持って一緒に探しましょう」
と声をかけたら、その人が初めてニコリと笑顔になって、
「あぁ、希望の光をみつけるためにここにこの人は来たのだった。それが私の仕事だなぁ。」と気付いたり。
新米コーディネーターです、はい(笑)
あらたに私の苦手分野「話す」ということの克服トレーニングがスタートしたみたいです。
神様は試練をお与えになるといいますが、こうしてそれを「向上」と思って挑戦していくと未来が開けるようで「負担」を感じません。

まるで、去年の苦しかった就職活動が今私を助けてくれているように。


2006年12月15日(金) 石鍋

昨日、古い友達達と忘年会(今年の初忘年会)で梅田のHEPナビオにある「健」というお店に行きました。
「石鍋」というお鍋のお店。

お肉や魚介類、春雨(春雨大好き)がたっぷりの中華風ちゃんこ鍋。
ちなみに鍋が韓国のような石鍋なのでこのネーミングなのです。
(台湾料理と韓国料理のMIXのオリジナル料理なんだそうです、お店パンフによると)
あっさりしたスープで煮込んだ具を、中華風のごまだれにつけていただきます。
たれの味は、しいていうなら味噌ラーメンのスープのような味。
だからシメの麺は、まさに味噌ラーメンです。
小さな店内満席でした。
昔からあるお店で一度も行ったことなかったけど流行ってるのがわかるクセになる美味しさでした。
ただし、にんにくが効いてるので、家族で食べることをお勧めします(笑)


2006年12月13日(水) 福袋

阪急百貨店に行ったら福袋の抽選をやっていた。
つまり、ブランド名、サイズ、個数が掲示されたパネルから欲しい福袋のナンバーと自分の住所を書いて投票箱に入れると、今月終わりごろに当選者が決まり、お正月に到着払いで福袋が送られてくるというシステム。

もともと福袋なんて欲しくないものまで入ってるし、お正月に並ばないと買えないし、買ったことなんて一度もなかったけど、このシステムだとなんとなく「もし当たったら買ってもいいかな・・」なんて気持ちを起こさせられてついついサリー・スコットの福袋を申し込んでしまった・・。
まぁ、11号サイズは1個限定なんですが・・
しかし1個って。
天下の梅田阪急で1個って。
(1個といいながら10個ぐらい用意されてて10人にひっそり「あなたが当たりました!」と送ってきそうな気がするが)

車の福袋やインテリアの福袋などが以前どこかで発売されて話題になったことがありましたが、なんと阪急さんではブライダルの福袋なるものまで販売されるそうな・・。なんともめでたい福袋なり。どういう内容なんだろう。


2006年12月11日(月) 贈り物

お友達から冬の贈り物、シュトーレンが届きました。
ここ数年、毎年送ってくださるシュトーレン。
季節の贈り物って素敵だな。。
大人の私にもサンタさんがやってきてくれたような、そんな気持ちになります。

そして素朴なシュトーレンを引き立ててくれるとても香りのいいコーヒーまでセットで送ってくださいました。
そしてそこには「頑張って働くことがコーヒーを美味しくするスパイスだ」というような内容のメッセージが添えられていました。

なんて素敵な言葉だろう。
私にはこんなふうに、私の背筋をしゃんっ!とさせてくれる言葉を送ってくれる人が居る。
自分の生き方を持っている人たちの言葉は、私に新しい目線を与えてくれる。たくさんの目線を見つけるたび、世界は違って見える。

明日も美味しいコーヒーのために働こう。
幸せのありかをこっそり教えてくれたお友達、どうもありがとう☆


2006年12月09日(土) 料理

今更ながら「チャングムの誓い」をDVDで見ています。
面白い・・でもまだ13話。まだ40話以上残っているとは・・・。
でも面白いから見てしまう。

料理好きな私にはたまらないです。
見ながら学ぶことも多いし、口の中で味の想像をしてしまいます。

でも、あのひたむきさには、本当に心を清められます。
見たあと、心が強くなる気がします。


安藤みかげ |MAIL

My追加