空色の明日
DiaryINDEXpastwill


2003年12月31日(水) 年末のご挨拶

年越しそば、紅白、家で静かに過ごすにはあまりにぴったりなしとしとお天気の兵庫県です。

ベッドカバーを洗ってアイロンをかけ、少しのお花を買ってきてお正月用に飾り、おそばをゆがきました。
そして今、安藤は一人で実家からもらった祖母の作った黒豆と千枚漬けをあてにお酒などちびちび飲みながら紅白を眺めつつこの静かな静かな大晦日を噛み締めています。
こんな大晦日は何年ぶりでしょう。

今年は本当に皆様に励まされ、見守られ、助けられてやっと乗り越えられた1年でした。
正直、本当にしんどかったです。
しんどかった時に、迷惑かけたりしたみなさん、ごめんなさい。
そしてそれでも優しくしてくれて本当にありがとう。
自分にはこんなにもたくさんの優しい眼差しが向けられているんだと改めて感じられた幸せな1年でした。
皆様、本当に本当にありがとうございました。

私は明日、仕事初日です。
今日はこんなしとしと天気だけど、明日の元旦は晴れだそうです。
皆様の新年が晴れ渡りますように、心よりお祈りいたします。
ではよいお年を。


2003年12月25日(木) 今年の終わり

安藤は明日が仕事納めです。
元旦が仕事初めなので年末は少しだけ早いのです。(これって早いのか?)
あさってから3日ほど旅に出ます。のんびりしてきます。

毎年この時期になると心がそわそわします。
なぜかというとたくさんの「やり残したこと」が追いかけてくる気がするからです。
大抵は「買ったのに使わなかったもの」への罪悪感とか、やらなきゃならないのに先延ばしにした事たちです。

それが今年はありません。
本当に何もかもひとつひとつ丁寧に大切にきっちりと毎日を生きた初めての年のような気がします。
焦らず、慌てず、いい加減にせず、納得がいくまできっちりとやってから次のことをやってきました。
だからこんなに心静かな年末です。

忙しい日々はとてもたくさんのことをやっているように感じて充実しているように思えますが、たくさんのやり残しや、端折ったところや、じっくりできなかった気持ちでなんとなく納まりが悪いのですが、ゆっくりの日々は一つ一つを確実にこなしながら一歩一歩昇っていく感じがして充実感があります。
それにやっと気づいた1年でした。

今日のユースケと深津っちゃんのNHKドラマをみてものすごくそれがしみこんできました。

冬の焚き火の煙が空に高く高く昇っていくようなそんな感じの1年でした。


2003年12月24日(水) Merry X'mas

朝目覚めがとてもよく、そしてお昼過ぎに図書館に行ってたら友達から「ラスト サムライ、観に行かない?」とお誘い電話がかかってきた。
ものすごい混んでたけど見に行ってよかった。
一緒に観た友達も私も英語を勉強しているんだけど、そういう人の目で見るとさらにわかりやすいかもと思った。
日本人を客観的に見る目が特に。
そして、アレを観て昨日の天皇陛下のことを書いたことなどを思い出した。
自分が日本人だってことを今の日本人の大半は全然誇りに思ってないけどもっと誇れるような生き方、考え方をするべきだと思った。
日本人ほど強い意志と魂を持ってる国民はいなかったのだから。
なんか「頑固なおやじ」とか「口うるさいお局」などの類の人がみんな「ラストサムライ」な人に思えてきた。
もっと自分を信じて誇り持って生きていこうと思った。

それと渡辺謙氏、ノミネートされるのもわかる。
さすが独眼竜政宗だわ!
病の床から蘇っただけの男だわ!
演技に国境はないと思わせるその表情は本物だわ。
たぶんあそこで審査員はビリッときたんだろうなとわかるぐらいすごい鳥肌立つような演技だったです。
あの役はやっぱり彼にしかできなかったと思います。いろんな意味で。
3時間があっという間でした。
そして、真田広之氏がもうちょっと見せ場をたくさん作ってあげてもよかったんじゃないかと思いました。かっこよかったもの。
でもあの2番手なかんじのところが彼の一番かっこいいポジションな気がするのもまた事実・・。
でも最後のエンドロールでもうちょっと前の方に名前書いてあげてもよかったんじゃないの?って思いました。
小雪ちゃんもよかった。あの「困った顔」がとてもぴったりでした。
キャスティング最高でした。
ま、しいていうなら、途中、外国映画にありがちな「それはないだろ」な日本が時々登場してましたが・・小雪ちゃんが髪をタオルで拭いてたり・・(笑)
どのシーンが日本で撮って、ニュージーランドで撮ってるかが植物と空と土の色で丸わかりでしたが、でもかなりの努力賞だということは認めます。
それに地元兵庫県で私が短大時代に通っていた姫路で撮影もされてたことですし(笑)
トム、遠いところをご苦労様。←かなり不便なところ

そんなふうにクリスマスイブは過ぎていきました。
今年のクリスマス、私のことをいっぱいいっぱい喜ばせてくれたたくさんのサンタさん、本当にありがとうございます。
Merry X’mas and a happy new year!!


2003年12月23日(火) クリスマスプレゼント

クリスマスイブイブ。
今日はもちろん仕事。しかも早番。
朝から天皇陛下の誕生日のご挨拶をTVで見る。

私は今の天皇陛下が結構好きだ。
清々しい朝のようなかんじがする。
そして今日の挨拶では「皇后と結婚してよかったと思っています。一緒に生きてきて幸せです。」みたいな人らしいことを挨拶に盛り込むあたりが、さらにとてもよかった。
宮中の方は私達にはわからないたくさんの苦労があるのだろうが、それを見せず、常に清々しく生きていなければ(いるようにみせなければ)ならないところが国の象徴の一番大変なところだと思う。
そしてそんな象徴を「清々しくて好き」と感じるあたりが私も日本国民だなと思う。

明日はなんと休みだ。クリスマスイブだと言うのに。
そして何も予定がないのだ。
とりあえず図書館の本の返却期限が明日なので図書館に行かなくてはならない。
その帰りにたぶんおいしいケーキをひとつ買って帰ろう。
ザッハトルテがいいな。クリスマスはなんだかチョコが食べたい。

今日友達からクリスマスカードが届いた。
開けた時、あまりに自分好みなので一人で「わー、綺麗!」と声に出してしまった。
そしたら「みかげちゃんのイメージだったので送ってみた」と書いてあった。
私が好きなものと他の人が見る私のイメージが同じだと言うことはとても嬉しい。
そのカードは今、部屋に飾っている。

ベルメゾンでなんだかんだで貯めたポイントがかなりあったので自分にクリスマスプレゼントを買った。
そしたらちょうど今日届いた。いいかんじ。
宅配便のお兄さんも、爽やかなかんじの人だったのでサンタと思えた。
(これが無愛想な人だと幸せ感ダウンなところだが)
プレゼントの中身、それは茶こし付きマグ。
以前持っていてとても愛用していたが引っ越し前に突如割れた。不吉と言うよりなんかそこにいろんなものを捨て去るけじめのような気がした。
今度のは以前のより更に使いやすく綺麗。

それから「浅漬け用つぼ」。
とにかく従来の「漬けてます!おふくろの味!」みたいなデザインのだけはいやだった。
最近クリスタルのとか、結構かわいいのが出てきて、今回手に入れたのは白い陶器。
明日から漬けよう。そして和食生活を続けよう。
写真は「SWITCH」に。

自分だけのためのクリスマス。
なんかこういうのもいいな。


2003年12月22日(月) 映画の日々

ずっと書こうと思ってたんですが堤監督の「ピカ☆ンチ」見ました。
今度2があるらしいですが。
安藤、堤さんがいなかったら全くジャニとは遠いところで暮らしていたはずなんですがすっかり間をとりもたれてるかんじがするんですが(笑)
「ピカ☆ンチ」は木更津とかSTAND UPとか好きな人は好きかも。
私としては切なさが少ないのが物足りないですが、それでも充分笑わせていただきましたです!
特に「ストリート・ライダース。ハリー蘭丸」ってとこが(あの映画見た人の中であそこで笑った人何人なんだろ・・・)
私のCrescendoものの切なさNo.1は「早乙女タイフーン」です。
あと、堤さんの「![ai−ou]」ね。
もう10年以上前から大好きなのね。あの切なさ。
あー、またSTAND UPみたいなぁ。あれはよかったなぁ。夏ってかんじがするなぁ。
夏の切なさはいいなぁ・・。
二宮君はいいなぁ。ピカ☆ンチでもよかった。

それにしても寒いなぁ(笑)

チャイ子から「ピンクパンサー」のビデオを借りた。
ほんとにあいつの趣味は深い。
とても10歳年下とは思えん。


2003年12月19日(金) 朝の楽しみ

こういうのを寒波というのでしょう。
実はおとついのお休み、ハーバーランドに行ってSuivi.でトマトレッドのダウンを買いました。
ダウンと言えば白、黒、ベージュなどが主流の中、光り輝いていたトマトレッド。
今年は流行みたいですが、それでもダウンでその色はなかなかなくて、ダウンを探していた私は思わず即買いしてしまいました。
今の職場はとっても寒いところにあるのでダウンなくしては通えませぬ。
バーゲンまで待とうかとも思ったけどおとつい買っておいてよかったです。
でないと今頃途中で凍死でした。。。
寒いのは苦手だよ。

職場の斜め前に和菓子屋さんがあります。
もともと温泉街なのでそういうお土産やさんが結構あるのです。
毎朝その前を通るのですが、いつももち米を蒸す匂いがほんわかとしてきます。
特に寒くなってからその匂いはとても幸せな白い湯気のような香りで、眠たげな顔にほわっと優しい気持ちが差し込みます。
出勤前の密かな楽しみです。
そして今日も優しい気持ちで1日過ごせそう・・と思うのです。


2003年12月14日(日)

ここに写真を載せるのはなかなか面倒だった。
面倒というか、私が怠け者なだけなんだけど。
写真を載せやすい違うところを借りてみた。
なので、しばらくちょっとそこに書くつもり。
でも飽きたらまたもどるかもしれないけど。
文を書くにはここが一番書きやすいから。
とりあえず飽きるまで旅に出る感じでそっちに書きます。
http://blog.livedoor.jp/shiro96kuro46/
こちらに行ってます。


2003年12月13日(土) 家事

ものすごく久しぶりに某テーマパークへ行った。
行ったと言っても5時間ぐらいで帰った。
なんじゃありゃ。
「クリスマスは綺麗だよー」とみんなに言ってた私の顔に泥を塗るのか!と怒りたくなるぐらい今年はしょぼい。
どうしてこう安定したクオリティを保てないのだ・・年間を通じて。
ハロウィンで50点UPだったがクリスマスで80点DOWNだ!!
マイナスだ!イボリー以下だ!!←なんのこっちゃ

あんまり寒かったので帰りになぜか大根とうす揚げとしめじを買って、家に帰ってから家にあったにんじんやしいたけで野菜たっぷり味噌汁を作ってしまった。
作るだけ作って「明日用」と称してそのまま食べてない。
(ちなみに味噌を入れると香りが飛んでしまうので、後は味噌を入れるだけでいい状態にだけして放置)
ここまでくるとホントに趣味の料理としか言いようがない。

そういえば、今日昼に出かける用意をしていたらつい植木鉢の配置が気になってプチ模様替えに突入してしまった。
おかげで出かけるのが遅れた。
「なんだ!なんで今やってるんだ!」と思いつつ両方の行為を止められなかった自分が怖い・・・。

それから味噌汁調理後、明日の朝のお米(発芽玄米と麦と白米のブレンド)まで洗ってセットしてしまった。
あぁ、安藤さん、あなたは自由な一人暮らしなのですよ。
何をしてるのかね。
もっと自堕落な生活でいいんじゃないのかね。
そんなに家事が好きかね。

あぁ、好きですよ!それがなにかっ!?(笑)←赤羽ちゃん風にどうぞ


2003年12月12日(金) ご紹介

友達のちえちゃんの旦那様が「会社の先輩が誰か紹介しろってうるさいからさぁ、悪いけど来てくれない?焼肉食べれるよー」というなんともやる気なさそうなお誘いがあって焼肉をご馳走になってきたところです。
39歳独身のその先輩さま、ちえ旦那様がやる気ないだけのことはあって、うーむというかんじだった。
銀行マンなのでお金は持ってるらしいが私のハートはピクリともしなかったです。申し訳ないのですが。
年齢的にはいい感じだと思ったんですが。
まぁ、もう焦るとか言う次元の問題ではないので、無理に相手を探そうとする気が起こらないのがいけないのかもしれませんが・・・。
みなさま、こんな私を「温かい目で見守ってくれそうな人」がいたら是非お引き合わせくださいませ(笑)


2003年12月10日(水) 冬の休日

久しぶりにアメリを見てます。
何度も観た映画って観る時の気持ちで観るところが違ってくるのが楽しい。
今回はアメリが八百屋のおじさんの家にいたずらをするところでドアノブを前と後ろ入れ替えるというものすごーく小さいことをわざわざするとこが気に入った。

近所に来る移動販売の焼きたてメロンパン屋が実は京都を拠点に関西一円でやっているチェーン店だということが判明。
ということであなたも食べられるかもしれません。
HPは http://bonjour-kobe.com/index.htm です。
申し訳ないけど自分でペーストしてください。
今日行ったらちょうど目の前でチンッとオーブンが鳴って焼けた。
あつあつが食べたいので1つだけ買って家に帰る途中、どんどん冷めていくことが悲しくなってきて暗闇に任せて(夕暮れだった。そして街頭なし)むしゃむしゃ食べながら歩いた(笑)
家に着く頃には最後の2口ぐらいになっていた。
表面カリカリ中はしっとりモチモチ。うーん美味ちい!!

しばらく図書館に行ってなかったので久しぶりに行ってまた食べ物系エッセイをどっさり借りてきた。
その後、近所のケーキ屋でモンブランを買ったら恐ろしく不味かった。
あんなに不味いものは久しぶりだ。
見た目だけは今風なデコレーションだが味は時代遅れだった。
それでむかついてメロンパンを買いに行ったわけ。
不味いものを食べた時ほど損をしたと思うことはない。
お金もカロリーも時間も一緒に飲むためにいれたお茶も全てが台無しだ。
そのぐらい私は食べるものに対していつも真剣なのだ!

ちょっと風邪っぽい。
仕事場が恐ろしく寒いが、制服はブラウスにベストだ。
カーディガンは自前だ。
カーディガンでも寒い。
暖房が届かない。
店の予算が少ないからと言ってあの劣悪な環境ははっきりいって納得いかない。来年の冬までにはあのシベリアみたいな職場を脱却したい(笑)


2003年12月09日(火) よい子たち

TOKIOの京都旅行見てたらショック・・私もその日京都行ってたっつーのっ!!!
あーーー嵐山行くんだった・・・。←って会えるわけないじゃん!(笑)


この前の「流転〜」ドラマについてARAちゃんと話していた。
ARAちゃんが「私、やっぱりどうしても殺したりとかそういう残酷なシーンだめなんです。」と言う。
確かに事実は知るべきなのだろうと思うしその残虐さが人間の罪の歴史なのだからその部分をカットするのは間違いだとは思うが、そういうことに平気になってきてる今時の人々の中で、そんな意見を素直に言えるARAちゃんが好きだなぁと思う。
私だってそういうシーンを見るときどうしても眉をひそめたり目を閉じたりしながら観てる。
そういうのに慣れたくないと思うし、だからバッサバッサ「痛快に」人を殺すような映画を「痛快」と思いながら観たくない。
そしていつまでも、そんなシーンの後に「むぅぅ・・」という顔をしながら眉をひそめる人でありたい。

ちょっと違うけどバイトの大学生メロンパンナちゃんが「安藤さん聞いてください」と朝っぱらから。
「今朝ね、駅で女子高生が骨付きのから揚げを食べてたんです。
それでね、電車が来たら、その骨をね、ホームの上にポイって落として電車に乗ったんです。
しかも指なめながらです。信じられますかぁ・・」です。
あぁ、メロンパンナちゃんのような大学生がまだこの世に存在しててくれて私は嬉しい。
こういうことにも慣れて欲しくない。
人が見て嫌だなぁ、気持ち悪いなぁと思うようなことは、やっぱりマナー違反だと思う。
マナーってそういうことだと思う。

やっぱりいろんな世代の人と仕事するっていいなと思う。
そして出来る人も出来ない人も世代に関係なく存在するということがわかる。
たぶんこの職場の居心地がいいのはこういうところなんだろうなぁ・・とこういう会話をするたびに思う安藤です。


2003年12月08日(月) 右から左へ

とうとう関西にも冬が来たってかんじです。
もうすぐ満月みたいで乾いた冬の空にお月様がきりりと凍てついて人差し指の腹で触れたら指が切れそうです。

ボーナスっちゅうか「お小遣い」?が出るらしい。
っが、今年夏に一ヶ月だけ払い損ねた国民年金を払ったらなくなる(泣)
安藤はこんなでもちゃんと年金を払っている。
こんなだったけどさかのぼって今年の分全部払った。
年金払わない人多いらしいけど、私が思うに「自分が将来もらえない」とか言う以前に自分が払って「親に年金支給してあげて」って思うのよね。
だって親が年金貰わなきゃ自分が丸ごと面倒みなきゃなんないわけよ。
そういうこととか考えてんだろうかね?
丸ごと面倒みるって大変だわよ
核家族化して少子化してんのに面倒みれんの?
ってか未だに親に面倒みてもらってるのかもしれませんが、そういう人は。
んと、自分のことしか考えない人多すぎ。

今Hey Hey Hey観てるけどスネオヘアーとまっちゃんって兄弟みたい(笑)
なんか濃すぎて画面がこってり。
ここに三上博史いたら3段階で似てる気がする。


2003年12月07日(日) 寒くなるとお家がいいねぇ

ウチの近所は小麦モノが美味しいのですが、どうも1軒が当たるとかならず支店を出して「不味くなる」という構図が出来ています。
先日ズームインで紹介されたパン屋も、その近所のケーキ屋も支店を出したが不味い。
ま、結局のところ暖簾わけすれども完全に味が伝授し切れてないということでしょうが。
そして新しく出来る店はいつも駅前など便利な場所にあるにもかかわらず不味くて、本店は小さくて不便なところにあるため、便利な店を通り過ぎ不便な本店まで買いに行く羽目になります。
それでもやっぱり遠いからといって不味いもので我慢できない自分が「食いしん坊バンザイ」だなと思います。

部屋の模様替えをするとなんだか引っ越したみたいな気分で家に帰るのが少しだけ楽しみになります。
広さも中身も同じだけど私は部屋の中にどこか1箇所だけ「広い部分」(っといってもせいぜい1屬阿蕕い任垢)を作る。
その「広い部分」の場所を部屋の中央にしたりどちらかの端にしたり、変化させることによって気分が変わるし、今まで狭かったところにそれを持ってくるとなぜか「広くなった気分」になる。
(その代わりどこかがまた狭くなってるはずなんだけど)
自分をいかに騙せるかが模様替えの重要なポイントだと思います。


2003年12月06日(土) 習性

昨日夜中にこの前の「流転〜」ドラマの続きを最後まで見ました。
やっぱり見事な見ごたえ。
仲村トオルの言ってた「強く気高い夫婦」という言葉が好きだった。

そのあとついNHK教育にしたら「トップランナー」数珠繋ぎだった・・・みてしまった「気志團」「グループ魂」。
そして目が覚めたら昼の3時だった・・・。

とにかくご飯を食べ、牛乳(ヨーグルト製作用)を買いに行って最近気分が滞っていたのでなんとなく花を買った。
クリスマスをイメージしてほんの小さなアレンジを作った。
(写真を撮ろうとしたがもう夜だったので明るさがたりなかったのです)
そういえば、私がなぜ花を習ったりしてたかと言うと、自分の「バランスが取れない」性格の矯正だけでなく、花をよく頂いたからかもしれない。
私の誕生日は2月。
クリスマスから始まって冬はよくお花を頂いた。
私の実家の部屋はとても寒く、お花達は軽く一ヶ月は楽しむことが出来た。
でも私の投げ入れ華道はその立派なお花達には申し訳ないほど情けなく、その思いが、丁度、素敵な先生に出会ったときに背中を後押ししたのかもしれない。
お花をくれた人々はそれぞれの思いでくださったのだろうが、私は今こうして花を愛してちゃんとそれを愛でられるような人にして頂いたことにとてもとても感謝しています。

ひさしぶりに花遊びして楽しく、そして綺麗に出来たので、ついそのまま部屋の模様替えをしてしまった・・・。
部屋の中の空気が滞ると気持ちも滞る。
部屋の模様替えは時間があればついやってしまう。
そしてついでに時間があればつい鍋を磨いてしまう。
こういうのが「習性」?


2003年12月05日(金) 秋ちゃん

朝の連続テレビ小説「てるてる家族」4姉妹の秋子ちゃんに共感する。
4人もいれば誰かは多少自分と重なるところがあるものだろうが、私は秋ちゃんの思考回路や価値観はとても理解できる。
(ちなみに秋ちゃんは家族の中で一番変わり者扱いであるが・・・)
特に「普通を思いっきり謳歌したい」あたりなど。
マンボを踊る秋ちゃんがとても好き。ついでに顔も4人の中で一番好き。

そして今日の放送で秋ちゃんが興味をしめしていた芸術な人が「自由と身勝手は違います」といっていた言葉がとても好きだった。
「身勝手」という言葉がなかなか私の中で思っていても出てこなかった言葉だった。
「身勝手」という言葉が一番わがままなかんじでうまくこの台詞の意図が伝わるなぁと思った。
そして今はものすごく身勝手だった過去の自分が恥ずかしいと思う今日この頃。
過去が恥ずかしくなる度、少し成長した気がする。


2003年12月03日(水) ご褒美

実家に帰って弟の奥さん・なおちゃんに髪を切ってもらったらアメリ頭になった。
また服を考えなきゃ。でもちょっと大人っぽくなって嬉しい。

先日、初めてネットオークションで落札した。
売りに出したことはあったけど買ったのは初めて。
大好きなシルバーアクセサリーショップのUZUのオークション。
ゴールドのリングとピアスを激安でGET。
今年の自分へのご褒美としてボーナスで買いました。
まだボーナス出てないけど(笑)

オークションに調子付いて大好きな斑尾高原農場の「くるみバター」の試作品のオークションにも入札したけど落札できずちょっとがっくりしてたら「入札者の中から1名に1個プレゼント」の1名に見事選ばれ、買うはずのものを送料もなしに頂いてしまった。
いやー、今年はまじめに生きたからねぇ。ご褒美だねぇ。
ここで年末ジャンボなど買ったらあたりそうなかんじだが、ここで欲を出して買うこと自体が当たらなそうに私の場合は思うのでやめておこう。
今年はこれだけで充分。
欲張らず、ひとつひとつのことをしっかり感謝しながら暮らせるぐらいのペースで生きていきたい。


2003年12月01日(月) モナカ

昨日、おとついやってた、竹之内&常盤ドラマ、半分だけ見ました。
ひさしぶりに見ごたえあるドラマで大満足です。
常盤さんの喋り方がどうしても品がないのが残念ですが。
あの人、もっと上品な発音のしかたができるようになったらもっといい女優さんになると思うんですけど。
むしろナレーションの仙道敦子さんの喋り方のほうがこの役にあってそう・・でもちょっと地味?
羽田美智子さんなんかすごいいいと思うんですけど。
竹之内くんは、ヤンキー先生より絶対このほうがあってますよねぇ(笑)
こういうお坊ちゃんっぽい役の方があの舌ったらずがいい感じ。
この人のこういうの観たかったのよ。ってかんじでした。
甘粕が竹中直人っていうのは・・ちょっとどうかしら。

満州ものを見ると、どうしてもルーツを考えずにはいられない安藤です。
祖母が当時1歳のわが母を負ぶって帰国してくれなかったら私は今頃生まれてないわけですから。
その祖母もこの頃、すっかり体が弱くなってきてなんとなくもうカウントダウンみたいな家族の雰囲気にちょっと悲しいです。
まぁ、83歳ですからよくがんばってるほうです。

そんな私の運命の第一歩を築いてくれた彼女に会いに、ひさしぶりに実家に帰ります。
歯に優しい「白松がモナカ」をお土産に。。。


安藤みかげ |MAIL

My追加