空色の明日
DiaryINDEXpastwill


2002年08月31日(土) 20分で晩ご飯

急なお客さんが来た。
「20分で晩ご飯」ってシリーズが前にNHKの「きょうの料理」であったけど
まさに20分しかない。

とりあえず、厚揚げと山芋とエリンギとまぐろとそして作りおきしてあった
豚の紅茶煮(アク抜きのために紅茶を入れたゆで豚)があるので
それをそれぞれに小さくして人数分にする。

厚揚げと山芋はオーブントースターでチンしてめんつゆかける。
豚はスライスして白髪ネギと一緒に大皿へ。
お酒を飲まない方なのでまぐろをヅケにしてやまかけとろろ丼でシメ。
丼はタイムラグがあってもいいのでご飯は御食事スタートに間に合わなくてもいい。

ウチのキッチンはカウンター式で、便利なようにカウンターのすぐ横に
テーブルを置いています。
つまりカウンターで何かを食べたりというようには使ってません。

カウンター越しに「はい、どうぞ」と出して順番に食べてもらえるし
実に便利。
そして、なんか飲み屋の厨房気分だよ。

それにしても、こういうことが全然苦にならないってやっぱり料理好きなんだな。
何がつらかったって、「今からくる!」ってわかって、部屋を慌てて
片付けなきゃならないのが一番苦痛だった(笑)
掃除が嫌いなんだな・・・。


2002年08月30日(金) 名作

たいがいいつも小走りな安藤。
行動もそうだし、気持ちもそうだし。
止まることなどなく、常に追いたてられるように動いてる。
っで、時々間違ってるなぁって気付かずに間違った方向に小走りしてて
頭を打ったりする。

ふと立ち止まる。
無理やりにでも立ち止まる。
そしてくるりと見まわして我にかえる。

その立ち止まるきっかけを作るアイテムをいくつか持っている。
例えば季節もの。
毎年このころにこれをするというような恒例のものを持っていると
それを行うにあたって去年の自分に少しだけ引き戻されて立ち止まれる。

それは例えば、毎年その季節に聴く音楽だったり、その季節に見る映画だったり。
お気に入りってそういうためにあるものかもしれないとふと思う。
マイブームもいいけど、こういうふうに毎年見たり聴いたりするものって
自分の中の名作なんだろうな。

昨日はアメリをみてふとアメリスマイルに正しい笑顔の作り方を思い出した。
立ち止まって鏡を出してスラリとサラリと笑ってみた。


2002年08月29日(木) 2周年なのだ

友人S嬢のサイトが2周年らしいということでふと自分の事を
振り返ってみましたら・・・。
なんとですねぇ、おとついこの日記が2周年を迎えたのでございますよ(笑)

っていうかそれまで全然気がつきませんでした。
女の人というのは記念日好きだとか言いますが、安藤は記念日を全く覚えません。
記念日どころか、今日が何日かとかそういうことを全然頭に入れてません。
思えばこれは小学生の頃からずっとそうでした。

何かのプリントに日付けを書かなければならなくなって初めて
「今日何日だっけ?」と周りの人に聞くのです。
っで、聞いて書いたら、またすぐ忘れるのです。
次の授業でまた日付けを書かなくてはならなくなると、また
「っで、今日何日だっけ?」と聞くのです。
ひどい時は「今何月だっけ?」です。
さすがに夏とかは暑さでだいたい何月頃かということが認識されるようですが
10月11月あたりが一番やばいです。

こういう人って他にもいるでしょうか?
興味のあること以外には全く興味がないということが、実によくわかる
具体例だと思います。

毎日店でお弁当なんかの廃棄をひく時、日付けを見るのですが、
今でもやっぱり「今日何日だった?」とアルバイトに毎日聞いています。

あ、ところで2周年ですが、このところどんどんと劣化しているこの日記。
すいません、こんなもんを公共の場にダダ流しして・・・(笑)
育成ゲームかなんかの感覚で「今日も安藤生きてるかな?」と思いながら
このページを開いてくださるぐらいが丁度よろしいのではないかと・・・。
っていうかたまには面白い事もかこうぜ、安藤。
はい、ごめんなさいまし。

反省の2周年でした。


2002年08月28日(水)

気付いた人だけ読んで。
昨日間違って次の日付けで書いちゃったから前日の所に書いてるの。


汗の匂いってね、好きな人の匂いはいい匂いなのね。
っで、好きだった人の匂いがイヤだって思うとき愛は終わるのね。


2002年08月27日(火) へこみ

夏の終わりだからでしょうかね。
なんだか全てが元気ないです。
ヘコミ気味ってかんじ。


2002年08月26日(月) 幸せ上手

今日は佐渡裕さんとシエナウインドオーケストラのコンサートへ。
我ながらノンジャンルだよなぁ。ノンポリだよなぁ。

安藤は中学生の時、吹奏楽部だったのです。
そして吹奏楽部でも人気ナンバー3のフルートのパートを見事GETし
3年間みっちりフルート吹いてたわけです。

別にフルートでなくてもよかったんだけど、とりあえず音楽ができる
クラブがこことコーラス部しかなかったので、辛気臭そうなコーラス部は
ごめんだわっ!ってことで吹奏楽部。

でもホントはバンドやりたかったので高校では吹奏楽を続けませんでした。

そんなこんなでやっぱり吹奏楽の音に懐かしさを覚えます。

佐渡さんのコンサートはとっても楽しい。
京都出身なので関西弁もなんだか親近感だし、そしてシエナのメンバーも
若くて陽気で楽しい。

楽しくて笑うってことが、大人になると段々少なくなってくるけど
そういうチャンスが会った時に思いっきり笑うって事を大事にしようと
ここ数年思いはじめました。
はにかんだ笑いしかできなかった安藤ですが、今ではすっかり笑い上手。
思いっきり笑うと心の中が幸せでいっぱいになるのが実感できる。

今日はそんな笑顔が何回も心の中からこみ上げてきた。
幸せな時間を満喫できる人でありつづければ、きっと幸せになれると思う。


2002年08月25日(日) あくび

お昼にふと「帰ろう!」って思って実家に帰った。
お盆もあけて道も空いててあっという間についた。
そしてしばし喋って、食事をして帰ってきた。
何をしたわけでもなくほんの4時間程しかいなかったけど
何かリセットされた。


帰る途中で急に目の前に海が開けるところがある。
そこにきたら必ず窓を開ける。
潮風に髪をむちゃくちゃにされながらオレンジペコー聴きながら
そこを走るのが好きだ。


ずっとこのところ心の糸がずっとピンッと張っていて
今日ものすごくひさしぶりにあくびをした。
そうだ、あくびをすることを忘れるくらいピンッと張っていたんだ。
何度も何度もあくびをしてそしてふと気付くとこのところずっと
続いていた肩こりが治ってた。

ホームタウンってそういうものなのかもしれない。


2002年08月24日(土) ブルー

あー、なんかブルーだ。
なぜかわからないけど。
周りにブルーな人が多いからか?
それとも私に影響を与える人がブルーだからか?
なんかそのブルー加減がすごく中途半端でむかつく。
それで自分も中途半端にブルーになってるのがもっとむかつく。
ブルーって言葉も、もうなんかむかつく。

いい香りのお風呂でも入れてゆっくり浸かって、ぐっすり眠ろう。


2002年08月23日(金) 痛み

ロングバケーションってドラマがありましたが、この季節になると
なんかこのタイトルを思い出す。
別にロングバケーションなわけでもないけど、やっぱりひとつの
まとまった季節が終わる気がするこの時期。

そういえば「北の国から」またやるのね。
今日はダイジェスト版やってました。
いやー、あいかわらず痛いです。
ズキズキする気持ちも久しぶりです。
何かにぶちあたることを避けて暮らしているのであんなふうに
真正面からぶつかった時の痛みってものを目の当たりにすると
「ごめんなさい」な気持ちになります。

そろそろぶちあたるかなぁ、痛みに。


2002年08月22日(木) キムチの味

大阪は日本で一番韓国人がたくさん住んでいる街らしい。
だからスーパーで韓国冷麺を年中売ってたり、キムチも各種売ってたり
結構韓国の味には困らない。

それどころか、家で漬けたキムチを家の軒先でおばちゃんが売ってたりする。
キムチ好きな安藤はあらゆる近所のキムチを買ってきた。
私の好みはあっさりとして、甘くなくて、サラリとしたキムチ。

出会えるようで出会えない。
日本で言うところのぬか漬けの味ようにその家その家の味があるから
みんなそれぞれの味。

近所にまた1軒新しく自分の家の軒先でキムチを売る家が現れた。
今日はじめてそこに行ってみた。
普通の家だ。
ホントにここで売ってるのかと心配になるくらいなんだか人気がない。
勇気を出して声をかけてみる。
すると薄暗い家の奥から私とあまり年の変わらないくらいの優しそうな
奥さんがでてきた。
キムチもいろんな種類があるし、他にもチャンジャとかゴマの葉とか
いろんなものがあって、味見させてもらったりしてしばらく話をした。

売るのは初めてだそうで、いろいろやってるんだけど彼女の味は
甘味の少ないもので「お客さんにもっと甘くといわれるんだけど
私は甘いのは好きじゃないので・・・」という。
「私も甘いのが苦手なので、この味はとても好きだわ」というと
すごく嬉しそうに「そう言ってくれるととても嬉しい!
もし味にリクエストがあったらそれに合わせて作るから言ってね」と
本当に嬉しそうに言ってくれた。

そう、その味があなたの家の味なのね。
そして私はそのあなたの家の味が気に入ったわけね。
「近所だしまた買いに来るからね」というと、「ありがとう!」と
またすごく幸せそうな笑顔を見せてくれた。

家に帰ってそのキムチでご飯を珍しく3杯も食べた。
彼女の顔が思い浮かぶ優しい自然な味だった。
またきっとすぐに買いに行くだろう。
冬になったら彼女のキムチでキムチ鍋をするのが楽しみ。
少なくとも冬まで頑張ってもらわないと。

なんだかひさしぶりに、とっても温かい気持ちになった。


2002年08月21日(水) 秋がきた。

長袖出すのが間に合わないよぉ!ってくらい夜なんかすっかり寒くて
困っちゃいます。
でも出したらまた暑くなるんだろうけど。

寒いなぁって思ってカーディガン(安藤はカーディガン好き)を出して
「うぅ・・寒っ」って言いながら前の合わせを寄せてみたりすると
急に気持ちがキュンとなりました。
まだ8月だというのに今からキュンとなってどうするんでしょう。
秋を乗り越えられるんでしょうか。
妙に寂しくなったりして、誰かに後からぎゅってしてもらいたくなったりして
背中を丸めながら大またで歩いた。

毎年毎年こんな気持ちになって秋が来たと思う。


2002年08月20日(火) 秋のはじまり

ひさしぶりに夜更かししてます。
涼しくなりましたねぇ。
また暑くなるらしいけど。

折角買った蚊取り線香も1つだけしかつけなかった。
今つけたら泣いちゃうかも・・・って思うくらいおセンチになりそうな
涼しさと虫の音ですね。

秋が来るねぇ。
ロマンチストな安藤は秋が大好きです。
今年の夏は暑かったし熱かった。
だからこの秋は思いっきりロマンチストになろうかなぁ。
首までどっぷり。

そうそう、関係ないけど昨日濱マイクを録画してあとでゆっくりと
見ようとそのまま電話してたら、ふと気付くとチャンネルが関西テレビだった。
不覚!!!
濱マイク録画しようとしてSMAP撮るなんて!!!!!!!
15分も損したのでストーリーわからない(泣)
DVD買うからいいけど。
来週は私が以前絶賛した「ママ新発売」でおなじみ中島監督です!!!
予告の色がめちゃくちゃ綺麗だった!!!!
期待度120%
絶対SMAPと間違えないようにしないと・・・・(爆)


2002年08月19日(月) カラダ

日記1日さぼっちゃった。
家から徒歩10分の所にある某高層ホテルに宿泊してしまった。
なんという贅沢よ。
家はすぐそこだというのに・・・。

急に涼しくなったらやっぱり体がびっくりして全く気温を感知しなくなった。
おかげで急に鼻がグスグスいいはじめる。
こういう時は熱いお風呂に浸かって30分ほどお昼寝する。
そうすると頭の中の寝ぼけてる何かが目覚めてすぐに治る。

人って自分の体と付き合っていかなきゃならない。
自分の体のクセに気付くまであれこれといろいろあの手この手で
体と相談。
この年になってやっとなんとなくどうやったら自分の体の不具合を
少し好転させられるかわかってきたみたい。
まだまだこの先もずっとつきあってかなきゃならないしね。
いろいろ不具合多いけどこれからもよろしく。


2002年08月17日(土) 貧乏性

お盆も終わりますね。
もうだんだんみなさんお疲れになってるのか出足が鈍いです。
仕事も暇です。

そういえば以前電車通勤してた頃、私のいた会社はお盆休みのない会社だったので
当然お盆も平常通り出勤してたわけですが、通勤電車がびっくりするくらい
ガラガラでそれがむなしくもあり、それでも満員でムシムシにならない
快適さをちょっと楽しんでみたりしていたものです。

思えば通勤も通学も1時間をきったことがなかった。
なんでそんな遠くばかり行ってしまったんだろう。
小学校と今の仕事先だけは徒歩3分だけど。
でも電車通勤していると必然的にまとまった「つぶさなければならない時間」が
できるわけでして、おかげでその期間の読書量は凄まじいものでした。

徒歩3分の今はまったく読む時間がとれません。
もともとフットワークの軽い私は読書の為に時間をさくということが
全くできません。
PCの前にいる時以外家で10分以上同じ場所に座っていることもありません。

こういうのを貧乏性というのでしょうか・・・。


2002年08月16日(金) 揺らぎ

誰かの言葉に簡単に揺り動かされるということは
自分自身が弱っているということかもしれない。


2002年08月15日(木) 怒涛の休日

丸一日空いた。
1月ぶりくらいだ、こんなの。
っでやりたかったことをがーっとやってみた。
朝の9時20分から映画「ピンポン」をとうとうみる。
隣に子供を二人とお母さん。
予想通り、ポテトチップスをバリバリやったり、10分おきにゴソゴソ。
こんな映画、子供が楽しいわけないんだから連れてくるなよぉ。
ただでさえ狭い映画館なんだから全員が迷惑してたんだよぉ。
よっぽど「マナー教育できてない子供禁止」って言ってやろうかと思った。

映画はよかった。
よかったけど、根本的に私は松本大洋さんの作品の中で「ピンポン」は
あまり好きではないのでそれが残念。
というか私が好きな作品は映像化不可能な物が多い。
途中で松本大洋さんが出てきたのが一番感動したかも。
またDVD買ってゆっくり冬に静かな部屋でみたい。

ロフトを少しフラリ。その後本屋で本を2冊購入。
最近勉強の本ばかり読んでて、小説を読んでいない。

その後、美容院へ。
いつもの神戸の美容院の長年きってもらってた美容師さんがまた失踪。
前の店をまた辞めたらしい。
向こうから「こんどここでやることになりました」ってお手紙を
頂かない限り、また彼に切ってもらえない。
しばらく近所で我慢。
でも今回みつけた美容師さんは結構私のツボにビシッとくる。

美容室で「アメリ」のビデオが流れてた。
もうちょっとで「あの髪型に・・」とまた言いそうになった。
それまでは「ピンポン」の影響で「夏木マリにしてくれ」と言いそうだったけど。
結局カラーと前のパーマを生かしたフワフワのカット。
「アメリ」にも「夏木マリ」にもならず。


2002年08月14日(水) 足元

ひさしぶりに親戚づきあいしてきたよ。
いやー、苦痛だねぇ。
特に自分の直の親戚じゃないとね。

まぁ、でもこれが真っ当な人生だという気がする。
人付き合いで、わがまましてる普段なので、本当はいろんな人と
いっぱい接触しながら自分を磨いたりするんでしょうし
そんなこともたまにやってみると、足元を見つめ直したりできます。

自分は別に特別な生き方をしてるわけではないので
いつまでも逃げ回れるわけではないと思ってみたり。

ようするにお盆っていろんな意味で自分のスケールを
標準値に戻される時期なんだろうなぁ・・と思う。
とくに「擬似的」なものをおしゃれなんて思っちゃう今の世の中には。


2002年08月13日(火) お寺

お寺へ。
お盆のお参り大会みたいなやつで、親族といってみる。
面倒臭いのは面倒臭いけど、お経とかお話とか聞くと結構憑き物がとれるように
心が清々しくなる事があるので、ちょっとだけそういうことも
期待しながら行ってみる。
だいたいお寺とか、教会とかそういう宗教に関する場所は、もともと
そういう根拠で行くべきところではないかと思うので結構それはそれで
行く度なにか発見したりするから、行くことは嫌いではない。
ただ、継続して通ったりできないだけで。

そこの住職さんは私より10歳くらい年上でまだ若い。
だから彼のお話はまだあんまり重みを感じなくて、そこはちょっと期待薄。
でもお経を目でなぞったりすると「煩悩」だの「悪」だのそういう文字が
目にズキズキしみて「これもお釈迦様の仕業だわね」と思ったりする。
きっとその時一番ドキッとする文字が1番大きく見えるような気がする。
逆に心が穏やかな時は美しい文字ばかりが目に付いたりする。

昨日の蚊取り線香に続き、お焼香したので1日中からだが線香くさかった。
なんかお盆もいいかも。
最近アメリカナイズされてる安藤なので久しぶりに日本を感じた気がした(爆)


2002年08月12日(月) 蚊取り線香

今日蚊取り線香を買った。
そしてブタの蚊取り線香の入れ物も。

はっきり言って、今年はウチには全然蚊がいない。
もう1ヶ月ぐらい見てない。

でもなぜか今朝、蚊取り線香の匂いがかぎたくなって買ってしまった。
ブタはもうシーズン終わりで半額だった。

そしてもう使いきれないであろう蚊取り線香36巻も。

さしていい香りでもないでしょうが、なぜかあの香りでちょっと
ぼんやりとせつなくなってみたくなったのであります。

さっき火をつけました。
たぶん明日の朝には私の髪は線香臭いです。


2002年08月11日(日) わがまま

「私ってわがままだよなぁ」って周りからよく聞こえてくる。
わがままというか、自己主張の強い友達が多いからかもしれないけど。
でもそれであまり人に迷惑かけてるようには思えないけど。
ただ、その人と同居する人はやっぱり覚悟がないと無理だろうなとは思う。

私も自分で「わがままだなぁ」とよく思う。
そして我ながらちょっと成長して折れたりできるようになって
わがままじゃなくなった時「あなたらしくなくなった」と言われてしまう。
これをどう受けとめればいいのだろう・・・。

最近また自分でらしくなってきたと思うけど
それと同時にきっとまたわがままになってるんだと思う。
複雑。


2002年08月10日(土) お盆

最近短いよね、ここね。
そういうのに凝ってるのかも。
暑苦しいしね。長いのをダラダラ読んでもね。
書くほうも暑苦しいしね。

お盆ですねェ。
年に数回こういう時にだけ親族との繋がりをかんじます。
それをちょっと息苦しく感じてしまう私はきっと今わがままになって
いるんだろうなぁと。


2002年08月09日(金) 駆け引き

人の気持ちの駆け引きの中で一番強いものは
素直でまっすぐな気持ちだよなぁ。
それって駆け引きっていわないか。


2002年08月08日(木)

昨日から風が吹き始めた。

おとついまでダラダラと暑かったのが、急に空が高くなって、
風が吹いて、そして秋の気配がする。

お盆だねぇ、甲子園だねぇ。
もう夏が終わる気持ちがしてきて、嬉しいような寂しいような。
夏の終わりのカウントダウン。
何かをカウントダウンし始める度、気持ちが高ぶる。

子供達は宿題に追われ、大人たちは夏の疲れを背負う。
そして私はあいかわらず毎日をただただ繰り返し、
みんなのカウントダウンを傍観してるのです。
寂しい気持ちのおすそわけを頂きながら。


2002年08月07日(水) 逃避暮らし

昨日の角煮を食べました。
我ながら美味しかったです。
うちはなぜか朝日新聞をとってるのですが、それの土曜版の料理の
コーナーに載ってたレシピをちょっとアレンジして作ったやつです。
煮卵も一緒に作ってからしをつけて食べます。

いくらでも食べられる・・おそろしい。

そんなご飯を食べつつ「マイリトルシェフ」をみる。
今期も結局時間の都合やなんかで見るものが段々減ってきて、
これと、マイクと広末のやつしかみてない。
「ランチの女王」も見たいけど時間的にいつも逃してしまう。

今期はあまりドロドロと救いようのないような重いドラマが少なくて
まだ楽しめる方だ。
私はドロドロとした不幸をみて「この人よりはましだわ」などと
幸せな気持ちになれるほど楽観的な性格ではない。
むしろみていて不快になっていくほう。
だから重たいものは見たくない。

たぶん何事からも逃げる性格なのだと思う。
イヤな物に目を背け遠回りするタイプ。
これでとりあえず今までは生きてこれたけど、これって一般的には
あまりいい生き方とは言われない。
やっぱりだめでしょうか?
いつかぶつかる時がくるでしょうか?
その時やっぱり私は耐えられないでしょうか?

死ぬまで逃げ続けながら生きていけるもんかどうか、これはひとつの実験。


2002年08月06日(火) 角煮

このくそ暑いにもかかわらず、猛烈に豚の角煮が食べたくなり
豚ばら肉を買ってきたはいいけれど、圧力鍋をもってしても20分の
加熱をしなくてはならない。
クーラー効かないぞ。

とりあえず作ってはみた。
部屋中が甘辛い匂いで充満している。
こんな夜中にできあがって、部屋が甘辛い匂いでみたされていると
味見したくてしかたないが、せっかくいいかんじに痩せてきてるのに
こんな時間に豚の角煮もないだろう・・・と我慢。

火を使うのが苦痛で食事を作るのがつらい。
なるべく火を最小限にしか使わないようにと電子レンジや
オーブントースターを駆使する。
一番楽で一番おかずになるのは厚揚げをトースターでチンとして
刻みネギとおろししょうがに醤油をかけたものだな。

夏でもあまり冷たい物は食べないようにしています。
体が冷えるとろくなことがない。
だるいし、腰は痛いし(弱点にくるらしい)、足はむくむし。
それに気付いてからそうめんがあまり減らない。

っで、角煮かよ・・・。


2002年08月05日(月) 女優

友達に女優をしている人がいますが、この「女優」という響きが
とても好きで、本人は「お芝居をしている」とか言うのに私はあえて
彼女を女優と呼ぶ。

女優という職業ほどミステリアスで強くて深いイメージの職業ってないですよね。
俳優よりもっと魅惑的な響きです。

私は現実的な親近感を芸能人に求めない人なので、女優らしい女優が大好き。
今日の濱マイクのゲスト鈴木京香さんなんか最高です。
彼女の凛とした強さと持って生まれたやわらかいイメージが一人の人間の中で
見事に共存しているあたりはまさに芸術です。

フェイクなものほどリアルにみえるものです。
リアルから逃れてばかりでフェイクでかためているほうがリアルに見える物がある。
最近安藤はフェイクな毎日を疾走してるような日々です。
まるで女優のように。
(今日はなんとなくだめだ・・・息切れ気味で)


2002年08月04日(日) 化けの皮

自分の友達になる人はやっぱりそれなりに自分がイヤだと思うようなことは
やらない人なわけでして、そういう私好みの人たちにずっと囲まれて
暮らしていると時々初対面の人の中に入った時びっくりすることがあります。

今日はある座談会のようなものに参加しました。
私よりやや年上の女の人が6人。
たまたま私の隣に座った女性は美白マニアみたいな人でして、
綺麗にお化粧してるのですが、どうも来た時からガサガサとして
なんとなく隣にいて落ち着かない気分でした。

大きな机の周りにぐるりと輪になって座っていたのですが、
彼女は来て早々、持ってくるべきものを忘れたらしく、鞄の中身を
その大きな机にザラリとぶちまけました。
キャラものの手帳とかキャベジンのストラップのついた携帯とか
懸賞の応募用紙とか、そのヴィトンのバッグからは、私ならあまり
他人さまにお見せしたくないような代物がいっぱい。
しかも全員の目がそこにくぎづけ。

その後も、座談会が中ほどまで来た時、猫背になってると思ったら
彼女は爪の周りの皮をむきはじめました。
机の上にその皮を集めています。
しまいには爪を噛み始めました。

はい、私よりずっと達者に意見なさっておりましたし、私よりも
5つも年上でした。
私よりもちゃんとお化粧していましたし、いい化粧品を使っていることを
自慢げに話しておられました。

でも・・・。
普段の行動というのはその人の中身まで物語るものです。
無意識の行動とは恐ろしいもの。
少なくとも化けの皮ってしっかり被らなきゃだめよね(笑)


2002年08月03日(土) 夏アイテム?

アメリ缶を買いました。
アメリのDVDBOXみたいなもんです。
大きなクッキーの缶みたいな缶にアメリちゃんの顔が入ってて、
フタがちゃんとクッキーみたいなビニールのテープで封されてるんです。
中をあけるといっぱいおまけが入ってます。
さすがだぁ、アメリちゃん。
もう観るのが勿体無くてまだみてません。
ゆっくりじっくり観れる時間ができた時のお楽しみにとってあります。

アメリ缶の前の日はブルースブラザーズと、BB2000のDVDを買いました。
もう何度も発売されてるやつなのでおまけがなかったにもかかわらず
何か入れてくれてるなぁと思ってあけてみたら、メンインブラック兇
マウスパッドだった。
まぁ、同じようなものといえば同じようなものですが・・・・・。
バカにしてるのか(爆)


今日半年遅れで友達から誕生日プレゼントが送られてきた。
入浴剤のセットだった。
もちろんハーブ系の。
ひさしぶりに湯船に浸かった。
音楽など聴きながら。
お風呂にゆっくり入れなくなったら自分自身に余裕がなくなってるという
バロメーターだと私は思っています。
ひさしぶりにマッサージなんかもして今、足はホコホコ。
体も元気!!!!

冷蔵庫にはあいかわらずニラと豆もやしとニガウリとモロヘイヤ(笑)


2002年08月02日(金) 美しきかな日本語

おとついの夜NHKで青木奈緒さんのドキュメンタリーをやっていました。
青木奈緒さんのお母さんは「小石川の家」でおなじみ青木玉さん。
そしてその母は幸田文さんでおじいさんは幸田露伴。
安藤の大好きな一家です。

特に文・玉・奈緒の女系三代はしぐさも話し方もとても良く似ていて
この奈緒さんにおいてはまだ30代にもかかわらず、
今時こんな美しい日本語を使う人がこの世に存在したのかと思うほど
匂いたつ美しい話し方をなさる方です。

「えー」とか「あのー」とかがないし、無駄な事は一切言わず
じっくり考え考え話をされるのです。
これは露伴が文さんを教育する時に「無駄な言葉は雑音にすぎない」と
言ったところから来てると思います。
無駄が多すぎる話し方は、聞くほうにも迷惑をかけるということです。

こんな駄文を書いてる私が何をいっても説得力ありませんが、
そういう美しい日本語に感動しました。
そしてもっと話し言葉を大切にしようと思った今日この頃。


2002年08月01日(木) どうもツイてない日

梅田で濱マイク探偵事務所が特設されてるというので行ってみた。
このまえの濱マイクカフェと一緒だった。
カフェがないだけだった。
しかもサイコロを振ってポスターがあたるというゲームをやってたけどはずれた。

ムカツいたのでそのままLOFTへ行ってピンポン展を観ようと行ったら
なんと1帖半くらいのものすごくせまいところに、お情け程度の展示で
ますますムカムカきた。

ムカムカしたままつい食器売り場のセールに捕まってお茶碗と陶器のボウルを
衝動買いしてしまった。

そういえば昨日もお昼に友達と待ち合わせをしてて、ちょっと早く
先に着いてしまったのでデパートへ入ったら目の前に私好みのワンピースが
バーゲンで出ていて、「もう夏服は買わない」と決心したのに
フラフラと買ってしまった。

最近ふと心配になる。
買い物依存症になってるんじゃないかと・・・。


安藤みかげ |MAIL

My追加