空色の明日
DiaryINDEXpastwill


2002年02月28日(木) シャキッとしたい日もある

小沢健二のニューアルバム購入。
別に今までそんなに好きじゃなかったの。
でも、今回の彼は違うよ!!!なんてタイトになったんだ!!!
また例のHMVの「罠のコーナー」(ネーミングしました)で試聴して
一人で鳥肌たってました。
これ聴いて、今まであんまり好きじゃなくても他に聴く物がないから
しかたなくお茶を濁してた音達がふっとびました。
ひさびさの「即買い」。
もしかしたら今までの彼のサウンドが好きだった人は嫌いになるかも。
CUTEさがなくなってかっちょよくなっちゃったから。
でも私はこっちの方が断然好き。

それと一緒にorenge pekoeの「やわらかな夜」ってやつを買いました。
はっきりいってEGOが売れたから狙ってみた?っぽいJazzyなかんじ(笑)
でもどっちにしたってやったモン勝ちってわけで・・・。
基本的にJAZZってムツカシイからわかんないので、あえて私はこういう
「なんちゃってJAZZ」みたいなのが好き。
でもオリジナルより3曲目に入ってたREMIXがよいなと思ったらまた須永氏だった。
今年は、何かと彼に繋がる・・・。また神様の仕業か・・・。

今日ひさしぶりにバーテンダーって人と話をしてみた。
もちろん飲んでて。
私の苦手なタイプの人だった。
よく出来たバーテンダーほど、奥ゆかしい。
そうじゃない人だった。
バーテンダーの勉強してた時もあったけど、あんなにムツカシイ仕事も
なかなかないと思う。
特上の紳士じゃなきゃできない仕事。
(私のようなお馬鹿さんには、到底できそうもないのであきらめた。)
そういうバーテンダーに久しくお目にかかってない。
なんかすごくちゃんとしたバーに久しぶりに行ってみたくなった。
っていうか、ものすごい「できる人」の仕事を見たくなった。


2002年02月27日(水) 浄水機

これを読む前に今日一度ココに来た人はおわかりだろうが、
昨晩は眠くならなくて(あえて言う、眠れないのではない)ずっと起きてて
朝6時くらいに床に就きました。

っで、11時頃に電話に叩き起こされました。

しかも私の一番苦手な電話・・・。

それは・・・浄水機売りのおねぇさん。
もう、すっかり声も覚えたよ。
ものすごい作戦を毎回練って食い下がってくるこのおねぇさん。
過去に5回くらいかけてきてて、いまだに電話の段階で断られてるにも
かかわらず、懲りずにあの手この手で私に挑んでくる。

今回は、「浄水機の会社なんですが、お宅に設置されている浄水機の
点検と水質検査のことでお電話させていただきました。」と、
さも、ウチについてる浄水機の会社の人のような言い回しで攻めてきた。

あやうくひっかかりかけたが、「待てよ、このしつこい食い下がり方、
この声、どこかで聞いたことが・・・」と思い出しました。
おねぇさん、相変わらず巧妙だねぇ。

うちの浄水機は台所の流しにビルトインされてる。
だからもし別の浄水機を買ったらこの蛇口が無駄になってしまう。
ただ単に、このデカイものが無駄になることが悔しいだけ。

それに、別に浄水したってミネラルウォーターになるわけじゃないし、
「綺麗な水飲んだって、汚い空気とダイオキシンに汚染された土壌に
住んでるんだから一緒だって。」などと、後向きな考えなので
結局新しい浄水機を買う気持ちなんてこれっぽっちもない。
いや、むしろ買いたくない。
なんとしても彼女にそれを伝えなければならないが、下手に話すと
彼女の巧みな話術にきっかけを与えかねないので、
「今寝る時間だから。寝ないといけないから。」とか昼間なのに
子供みたいな理由をつけて切った(笑)

こんなことだと、また間違いなくかかってくるな。
こうなったら何年彼女を巻き続けられるかこっちもチャレンジだ!


2002年02月26日(火) 早春の大掃除なのだ

アイスクリーム食べたら寒い!
「トルコ風アイス」っていうネットリしたやつ。
バニラアイスってあんまり好きじゃないけど、これ少しハマってる。

このところ、大掃除をしています。
この前の大晦日は「カウントダウン」っちゅうモノに行ってしまったので
当然のごとく昼はその分の仕事をしていて全くやるつもりもなかったんですが
それとは関係なく大晦日みたいな忙しくて寒い時に、私は大掃除なんてやらないのです。

確かに綺麗にして新年を迎えることは日本的でとてもいいのですが、
元旦も三が日もずっと変わりなく仕事がある私にはあんまり関係ないので
そんなクソ寒い時に大嫌いな大掃除をするなんて能率の悪いことは
数年前から廃止してしまいました。

ここ数日いいかんじに暖かかったですね。
これで完全に春が来てしまうと、やれ桜だ、やれお散歩だと
遊び気分が溢れ出てきて、掃除どころじゃなくなっちゃうのです(笑)
過去に数年、それで梅雨前まで大掃除を先送りしてしまった実績から言える意見です。
梅雨になってしまったら雨が降るので窓掃除とか洗濯のからむ掃除が
できなくなってしまってとても困るのです。

だから今じゃないとだめなんだな、これが。
梅雨は梅雨で、山積みしていた本をじっくり読めるし。
こうしていろんな年間計画をやっと立てられるように成長しました(笑)

それにしても、なんだか春気分でついこの間春のスカートを二着も買ってしまった。
今年は本当に私の好きな膝丈のフレアスカートが流行って嬉しい。
選び放題だ。そして買い放題だ。これもマズイ(笑)

春気分になると聞くCDもクラムボンとかになるのね。
いいよ、クラムボン。春にぴったり。
この頃聴いてなかったピチカートも春向けだよね。

すっかり春気分になっちゃう前に、この大掃除を済ませておかなきゃね。


2002年02月25日(月) 取材

友達の鍋男くん(スティールパンプレイヤー)が雑誌cazi−caziの取材を受けたそうで。
私もなぜか取材とか受けたりしたことありますけど(ココとは全く関係ないところで)
ああいう紙面に載ってることってホントに本人の思っているところと
全然違う切り口で見たことを書かれるからびっくりしますね。
それが取材者の目でみた自分なんでしょうけど。
TVだってカットの仕方で意味が全然変わってくるし、文字になると
書き方でもっと変わってくるから、ああ言う物はせいぜい半分くらいしか
信用しないくらいの気持ちでいるほうが正しいと思ってます。

鍋男くんも、何度か雑誌やTVで取材をうけてるのを見ましたが
どれをみても本人とは全く別人になっているので、「そういうもんだろうな」と
ニヤリとしながらいつも見ています。

逆に芸能人は、取材という短時間で最上級のアピールをするのが仕事なので
表情とか話し方を常に一瞬で最高のレベルに持っていくトレーニングを
しているわけですよね。
これって最大の自己コントロールですよね。

写真とかって私すごく苦手なんですが、この頃はみんなプリクラで
写真慣れしてて映るの上手ですねー。羨ましい。
っていうか、プリクラ1回しか撮ったことないです(笑)
しかも「プリクラってやつをやってみよう!」って親友のさるちゃんと
初プリクラしたのが最初で最後です。
自分の写真を持っててもね・・ってかんじです。

とりあえず来月発売のcazi−caziチェックしてみるよ、鍋ちゃん。


2002年02月24日(日) 水瓶座・B型

この前、性格判断ってやつをやってみました。
いくつかの質問に答えるのですが、こういうのはつい結果を想定して
狙った答えをしてしまうので、あんまり意味がないなぁと時々思います。
結果は案の定でした。

私は水瓶座のB型なんですが、一般的な占いによるとこのどちらもが
「超個性派」らしく、だんだんそういうのを読んでいくうちに
「自分は個性派なんだ」と逆にインプットされちゃったような気がしてなりません。

おまけに子供の頃からどんな占いの「適職」の欄を見ても
作家・DJ・作詞家・作曲家・歌手・プロデューサーなどと書いてありました。
いやー、どれもこれも努力だけでなれそうなものではありません(笑)
はっきりいってどっちかというと「運」が大きく左右する職業です。

その「運」もこの水瓶座のB型の運勢には含まれているのかが疑問です。

今、果たしてこの水瓶座のB型というのがどういうものか
ちょっといろいろ調べてみました。
ある犬占いで水瓶座のB型で占ったらなんと「極悪犬」という
恐ろしい名前の犬に選ばれてしまいました。
犬になっても「極悪」なんだ・・・私・・・。
他のはチワワとかビーグルとかちゃんとしたかわいい犬なのに、なんで私だけ極悪?
しかも性格は「エキセントリック」と書いてある。

なんでだ・・。
なんでこんなに「むっちゃくちゃな性格」に書かれなきゃならないんだ。
誰が決めたんだ、水瓶座のB型がそんな人だって。


でも・・・人に「水瓶座のB型」と言ったら「あぁ、やっぱりね」と言われるのが何より一番ヘビーだ(泣)


2002年02月23日(土) がんばれ

先日、日記を読んでくださっている方から
「みかげさんの日記好きなんです。毎日読んでますよ。
これからもがんばってくださいね。」って言われた。

こういう励ましのお言葉を頂戴すると本当に力づけられます。
人に誉められるの大好きです。

でも、ふと考えました。
「がんばってくださいね。」って言われたけど・・・・

がんばっていいのか?私。

っていうか、「がんばらない」のが私のキャラなんじゃないのか?
「がんばらなくても、なんとか毎日暮らしてるやつもいるぞ」というのが
私のウリじゃないのか?

そんな「がんばらない私」を読んで、みんなはなんとなく脱力するんじゃないのか?

がんばれって言葉って結構安易に使うけど、考えモノね。
特に脱力キャラの人に対しては・・・。
やっぱ、こういう場合「みかげさん!これからもがんばらないでね!」って言われるべきなのか?


2002年02月22日(金) 暮らし

最近生活に変な時差ができて全体に3時間ぐらいずつ遅くなってる。
寝るのがいつも5時くらいになる。
起きるのは当然昼前。
もう、世捨て人も定着してきました。
きっともう、どこかにお勤めになんか絶対行けない。

それでもなぜかやる気だけはシャンシャンとあって、今日もあまりにからっぽな
冷蔵庫とストッカーを満杯にすべく、スーパーで持ちきれないくらい買いものをした。
汗をかきながら持ち帰って、袋から出して詰めていく。
いっぱいになった冷蔵庫とストッカーを眺めながらしばし満足感に浸る。
これでしばらくは買い物に行かなくてすむ。


読もうと思って買ってある本も山積みなのに一向に減らない。
座ってじっくり「本を読むため」だけに時間を使うほど時間がない。
だから移動の電車とか、なにかの待ち時間でもないとこの本の山は減らないのです。
残念ながら最近車での移動が多いため、全然読めない(当然運転席なので)
今読んでいるのは川上弘美さんの「センセイの鞄」。
麻の暖簾が風に揺れるような、まったく詰まるところのない気持ちのいい文。
時々、気持ちに波風がたつシーンになると、語尾が「い」で終わる文を
5行以上連発するところのリズムが気持ちいい。
(例えば〜したい。とか〜ずるい。とか・・・)
サクサク読める本のはずなのに15分以上続けて読める時間がないので
全然すすまない・・・はやく読み終えたい。
この本はかなりオススメです。
ちなみに、これは小泉今日子さんのオススメだったから読みました。
彼女の好みと私の好みが近いので信用して読んだらやっぱりよかった。

今日は「Landry」のノベライズ本を買ってしまった。
窪塚くんが出ているからというだけでなくあの映画は楽しみ。
文字の並び方と表紙が好みだったので買ったけど、きっと先に読んだら
映画を観る時にストーリーがわかってしまって面白くないだろうから
我慢して本の山の一番下に入れておいた。
たぶん到達するのに夏までかかるだろうから(笑)

あぁ、潰したくなるような時間というものを長い間所有していない。


2002年02月21日(木) 本日の安藤

友達が来てたので某テーマパークに行った。
先週の土曜日に例のラストショーを見て以来、はじめて。
行ったら、ホントに見るものない(笑)

もう、大抵のものは見飽きていてこんなに通ってたのが不思議だったくらいだ。
っで、仕方なく偽マイケルジャクソン観る。
かなり似てて予想以上に感動した。

その後、ある友達が私好みのスカートを履いてたので「好み」と言ったら
横に居たさるちゃんが「私もみかげちゃん好きそうなスカートと思った」と言った。
たまに、私はパンツとかタイトスカートとかヒールの靴とか、そういう
かっこいいものが好きだと思いこんでる人が、いるみたいなのだけど
私が好きなのはふんわりした膝丈のスカートとか、Aラインのワンピースとか
そういうかわいいもの。
それに黒のタイツや、靴下を合わせて履くのが特に好き。
昔の清楚な15歳くらいの女の子が着てそうな。
今年はバレエをイメージさせる服が流行るそうで・・・。
そういうのも好き。
バレエのレッスン着みたいなかんじが。
ヒラヒラしたものじゃなく、清楚で無駄のないかんじ。


遊んで家に帰ってから冷蔵庫をあけたらメインになるものが何もなかった。
で、晩ご飯に朝ご飯みたいなメニューを食べる。
トーストと、ミネストローネ、ベーコンとスクランブルエッグ。
10分くらいでササッと作る。
っが、このメニュー、ホントは黄金メニューなのだ。

・トーストは北野のc.m.hのイギリスパン
・トーストのお供は斑尾高原の黒ゴマバター、フィラデルフィアクリームチーズホイップ&芦屋ゾーヌの純粋アカシア蜂蜜など
・ベーコンは北野マル十

「どっちの料理ショー」みたいな選りすぐり食材でございます!
昨日神戸でいっぱい仕入れてきたからね。
今、なぜか安藤はパンブームでして、パンに合いそうな物を次々買ってしまい
結局冷蔵庫の中はそんなものだけしか入ってないためこんな晩ご飯。
まるでホテルの朝食です。
2000円くらいとれそうです(笑)
明日の朝ご飯はきっとミネストローネの残りにご飯を入れて手抜きリゾットです。

こういう「冷蔵庫の中にあるもの」からひねり出してご飯を作るのが一番楽しいです。
といっても、これは「いい女」ぶってる自慢ではなく、私においては化学の実験みたいなものです。
だから料理は本当に好きですが、後片付けは大嫌いです(笑)
いわゆる男の料理みたいなもんです。

おっと、居眠りしてしまった。
今朝6時まで起きてたからな(笑)
4時ごろ思い立って、店に発注に行ったらバイトにびっくりされた。
「いつ寝てるんですか?」って。
夜明け前の外を歩くのってなんかちょっとドキドキして楽しい。
特別早朝集合のイベントでもない限り、そんな時間に外を歩かないからだろうな。
何もないけどそのドキドキが気持ちよくて少し回り道して帰った。


2002年02月20日(水) ご多忙

昔からスケジュールを詰め詰めにするのが好きだ。
しかも遊びのスケジュール。
「遊びすぎ」って怒る人いるけど、あれって迷惑かけなきゃ怒られる筋合いないと思うな。
「結局はそれだけ遊べる私が羨ましいんでしょー。」なんて嫌味ったらしいことを
腹の中で考える安藤です(笑)

今週になって、某テーマパークにも行かなくなって、すっかり暇になるもんだと
思いこんでいたのに全然そうならないのが恐ろしい。

今日も朝から神戸へ出ていき友達のKちゃん&Kくんとランチ。
その後、なかなか神戸になんか行かないもんだから、ついつい2人を道連れに
普段買えない美味しいパンと、ハム&ベーコンと、いつもの餃子の皮と
その他の食材いくつかの買い出しに行く。
(この前友達が遊びに来た時、ビールのアテにピータン出したら「あんたらしい」と笑われた)

いわゆる「買いつけ」ってやつ(笑)
神戸に行ったらこれらのものをいつものお店で買う事は私の中で
もはや当然の義務になっています。
だって、やっぱりパンとハム系と中華食材は、断然神戸が美味しいんだもん!

っで、道連れの2人もついついたくさん袋を抱えて帰ることに・・・。
2人には、すっかり安藤の冷蔵庫の中身を全部ばらしてしまいました(笑)

そして帰ってから少々仕事をして、その後今度は心斎橋にお花のレッスンに。
ばかじゃないの!?
1日24時間でそんなに遊ばなくてもいいのに・・・。

それで、この前考えました。
もし1日が35時間くらいあったらどうだろう?
たぶん今日なら、あと2つスケジュール入れます(笑)

止まると死ぬんです、多分。


2002年02月19日(火) この世で一番恐ろしいもの

朝っぱらから「リトル・ダンサー」見て大泣きしてしまった安藤です。
(詳しくはギャラリーで)
ああいうヒューマンドラマ系の映画観ると心が洗われますね。

無意味に繊細というか、人の「我の強さ」とかに不必要に嫌悪感を感じてしまう
ナーヴァスな私なんですが、そういう空気の漂ってる場所にいる時ほど
苦痛を感じる事はありません。

先日、ある女の修羅場みたいな場所に居合わせたんですが(笑)、女って
ほんと怖い生き物です。
あまり詳しく書けない事情があるので具体的に書けなくて残念ですが、
標的に向かって群がる女の集団って猛烈に怖いです(笑)

居合わせたからには私もその女の中の一人にカウントされてもしかたないですが、
もともと「競争心」「闘争心」の全くない私はそういう場に居合わせると
氷よりも冷たく冷たく冷め渡ります。

で、そういう場面を客観的に見ながら「次は絶対男に生まれたい」と思いました。
女という生き物に生まれた事を恥じたくなるような現場でした。
自分が女であるということを放棄してでも、同類と思われたくない気分でした(笑)
もし、私がその標的の立場だったら、間違いなく女性恐怖症になりそうな
ものすごくおぞましい光景だったからです。

世の中で一番恐ろしいのは地震でも雷でも火事でもおやじでもなく
間違いなく「ターゲットを狙う女」です。


2002年02月18日(月) トラップ

また行ってしまった・・・HMV。
友達がよかったというので「アメリ」のサントラを買いに。
映画を見た時に「レ・ネグレスベルトみたい」って思ったけどもうちょっと可愛かった。
(レ・ネグレスベルト・・・10年以上前に少しだけチャートを賑わした
フランスのバンド。バンドネオンがかっこいい小洒落たサウンドだった。
クアトロでのライブを見に行ったけどメンバー紹介の時フランス語だったので
何を言ってるかさっぱりわからなかった。)


HMVの入り口付近の新譜のコーナーにまた罠が仕掛けてあった。
KICK THE CAN CREWのニューアルバム。

「マルシェ」が気に入ってたのでつい試聴したら結構よかった。
でも「きっとすぐに飽きるって」って自分に言い聞かせて一度通りすぎ
「アメリ」を手にレジに向かおうとしたら、店内のBGMが急に変わったんです。
「マルシェ」に・・・。
明かにあれは、罠としか思えない。
ついフラフラと私はそのまま、また入り口付近のコーナーに行き、
まんまとそのトラップにかかってしまいました。
恐るべしHMV。

あーあ、買っちゃった。
今年は何万円HMVに投資するのだろう・・・。


2002年02月13日(水) オリンピック

唐突ですが、松浦亜弥ってかわいいよねー(笑)
どうでもいいか。

ああいう偽ものくさーい、芸能人くさーい人好き。
あり得ないっぽいかわいらしさ。
長時間持続しなさそうなかわいらしさ。
テレビだから切りとって使えるかわいらしさ。←そこまで言うか。
好きだなー。あの思いっきりカメラ目線。

芸能人って自分を芸能人と自覚してサービスしなきゃだめだな。

「歌の大辞テン」みながらそんな事を考えていた安藤です。


それにしても全然見てません。オリンピック。
いつものことですけど。
間違いなく非国民です(笑)
っていうか、競技って嫌い。
競い合うことが嫌い。
見たら見たで感動するんだけど、なんか競技自体よりも
「この人普段どれだけのことを我慢してこの数秒の為に生きてるんだろう」
とかそんなことばかり考えてしまうのです。

子供の頃から学校のかけっことかも全然勝つ気なしで走ってました。
誰かを負かすとか1番になるってことに全く執着がないのですね、たぶん(笑)
勝ったとか負けたとかそういうことに全然魅力を感じないのです。

でも今年のオリンピック番組は少し変わってきましたね。
勝ったこととか負けた事より「いいシーン」に注目するようになってきてる。
これって結構いい傾向ですよね。
長嶋風にいうとメイクドラマですね(笑)
そんな番組が増えたらもう少し見ると思います、オリンピック。

それでもやっぱり今日もほとんど見ませんでした。
単にスポーツ嫌いなだけかも(笑)


2002年02月12日(火) ヒットチャート

店で有線が流れています。当然です。
あれは、時間によって勝手にちょうどいいチャンネルになるように
設定されてるんですが、基本的にJ−POPになってるみたい。
(ちなみに朝は小鳥の声と爽やかな音楽だったりする)

このJ−POPがクセモノでだいたいヒットチャートを
ローテーションしてるんですが、嫌いな曲が売れてる時はかなり憂鬱です。
でも、だからといって私が好きな曲がヒットチャートの上位を占める
なんてことは、まぁめったになく、しかたないものだと諦めていましたが
この頃チャート上位の曲がやけに気に入ったモノばかり。

ミスチルの「君が好き」でしょ、Dragon Ashの「Life goes on」でしょ
(私と誕生日の同じ古谷くん、おめでとう)KICK THE CAN CREWの「マルシェ」でしょ。

好きな曲ばっかりかかると、仕事も楽しいねぇ!
時々「愛の歌」の♪でも、私たち愛してくれとは言わないよ〜の所で泣いたりね。

っで、「君が好き」は買ったんですけどあとの2枚を買おうとしたんですが
カップリングがどうしても捨て曲になるのでやめました(笑)
どうもあのテンポ以外はだめらしい・・・この年齢には。
とても昔パンクのライブで飛び跳ねてたとは思えません。大人になったのね。

っで、Dragon AshのHPでアルバム曲を試聴して思ったんですが、
よくネットでリアルプレイヤーなんかで試聴できるやつがありますが
ほとんどの場合ちょっと「なんか音悪いなー」なんて思いませんか?
あれはね、勝手に利用されないようにだと思いますよ。

私も音楽をやってた人間ですからデモテープなんてものを作ったりしてましたが
あれはあんまりいい音質で作らないのが常識なんです。
だってアマチュアの作ったものなんて、そのままパクッてもわかんないもの。

とくに音色なんてものは、自分で作る物だったから何時間もかけて
作った音をサンプリングであっさり盗まれるなんてことはしょっちゅうでした。
だからそういう音泥棒防止のために音をわざわざ劣化させるのです。
デモテープってものがテープのままでMDやDATにならないのは
そういう理由だと思います。

なんて考えていたのにこのDragon Ashさんはピカピカの音で試聴させませますね。
ま、全曲じゃないから問題ないでしょうけど。


店で風邪が大流行。
バッタバッタとみんなが倒れて実にやばい雰囲気です。
私もちょっとノドがイタイので薬飲んでは居眠りばかりしてます。
あー、またシフトに穴ぼこが・・・。
頼む!今週だけは勘弁して。←わかる人だけわかればいい


2002年02月11日(月) チョコレート

もうすぐバレンタイン。
チョコレート店が考えたからチョコレートをあげることになってるけど
チョコレートより他の物の方がいいなーって思ってる男の人多いでしょうね(笑)

実際このシーズンになると街中にチョコレートが溢れてついつい
食べたくなっちゃって、自分の分まで買っちゃう女の子が多いんでしょう(笑)

でも甘い物の代表といえばやっぱりケーキ。
子供の頃に誕生日とか病気になった時に父がいつも仕事の帰りに
ケーキを買って帰ってきてくれた。
そのケーキ屋さんは父の職場と家の丁度真ん中にあって、
閉店間際にいつも父は滑りこみで買ってきてくれていた。

私が子供の頃は、まだ今のように美味しいケーキ屋なんてあまりなくて
スポンジもガサガサだったり、クリームも不味かった。
そんな時代にそこのケーキはピカイチに美味しかった。
スイスで修業をしたというパティシエ(当時はそんな言葉はなかったけど)が
日本では斬新なケーキを小さな店で次々作り出していた。

その後、私たち一家は引越しをしてそのお店で買う父のお土産はなくなったが
その時養われた舌で、私はすっかり「美味しいケーキ」ってものに
うるさくなってしまった(笑)

その小さな小さなケーキ屋さんのケーキ、もしかしたらあなたも
食べた事があるかもしれません。
アルプスの少女と同じ名前のかの有名なケーキショップ。
その本店が、私の思い出のケーキ屋さんだったのです。
あの小さなお店が今では全国のデパートに出店するほどに成長したのでした。

ずっとその思い出を忘れていたんですが、よく考えたらその後も私は
デパートでそこのチョコレートを買って何度かバレンタインに
プレゼントしていました。
心のどこかで「幸せを呼ぶ味」として覚えていたのかもしれません。


2002年02月10日(日) プレゼント

昨日1日で何人の方から「おめでとう」の言葉を頂いたでしょう!
時計が0時を過ぎた頃からどんどんとメールが届きました。
携帯にもPCにも。

そして夜が明けて、「今日は1日自分の為に何をしよう」と考えて
「自分の為にたっぷり時間を使う」ことにしました。
そして一人で某テーマパークへ。
あいかわらず単独行動(笑)

っが、一人でいったはずなのになぜかいっぱい誰かに会う。
「こんなに知り合いいたっけ?」って思ってたら3連休初日だったのね。
で、またいろんな人に「おめでとう」を頂きました。
素敵なプレゼントも頂いたり・・・。

楽しく遊んだらあっという間にまた夜になって、帰ったらやっぱり
またメールがたくさん来ていました。

あぁ、みなさま。
「おめでとう」の言葉の数だけ安藤は心が温かく温かくなりました。
こんなにもたくさんの方から自分への言葉を頂けるなんて。
こんなにも満たされた気持ちで1日をすごせたことが
今私が一番欲しかったプレゼントでした。

素敵な素敵なプレゼントありがとうございました!!!!

今日1日、ちょっと忙しくてお返事がまだ全然書けていませんが、
必ずみなさまにお返事させていただきます。
ひとまずこの場でお礼まで・・・・。


2002年02月09日(土) 小さな幸せ★

我が家には月に数回やってくる住人がいる。
近所のテーマパークが大好きな彼女は大阪まで最短でも2時間かかるところにお家がある。

我が家には空いている部屋がいくつかあるので、そのうちのひとつが今では彼女の部屋。
パジャマや身の回りのいくつかの道具も置いてあって、お布団も彼女用にセットしてある。

この町に友達のいない私には彼女がこうして時々やってきては
夜な夜な一緒にお酒を飲んだりおしゃべりしたりするのがとても楽しみ。
そんなふうに過ごすようになって何ヶ月になるだろう。

まさか近くもない彼女とこんなにしょっちゅう会えるようになるとは夢にも思わなかった。
でも彼女はその距離をものともせず通ってきてくれる。
お目当てが別にあったとしても私はそれに便乗して彼女に会えるのがとても嬉しい。

そんな彼女がおとつい泊まって昨日の夕方帰っていった。
すっかり勝手知ったる仲なので、帰っていった後の部屋もいつも綺麗なもの。
だから私は彼女が帰った後も仕事をしたりバタバタしていたのでその部屋には
入ることなく夜中になっていた。

日記を書いたりしてすっかりおそくなってそろそろ寝ようと最後にメールをチェックしたら
半日ほど前に帰った彼女からメールが。

「(HPの)BBSを見てね」と書いてある。
BBSを開くと何やら暗号のようなアルファベットが・・・。

「TOIRE KARA 3PO ARUITE HIDARI NO DOA WO AKEYO」

???

トイレから3歩歩いて左のドア?
そこは彼女の部屋。
ああ、まだ部屋を開けてなかった。

恐る恐るドアを開けるとそこには・・・

先日私を幸せで包み込んだ映画「アメリ」に関する1冊の本とメッセージが置いてあった。
「Happy Birthday to You」

私のアメリはこの部屋に住んでいたのです。

私のアメリちゃん、こんなにも私のイタイところを見事にぐっさりついてくれてありがとう。
私は感動してしばらく泣いたままそこから動けませんでした。
今年の誕生日の事はきっと一生忘れられないと思います・・・。


2002年02月08日(金) 記念日

記念日っていうものをあまり覚えない。
女の子はそういうのが好きだというふうに思われがちだけど
私はそういうのが苦手。
だいたい日付けというものを覚えるのが苦手(笑)

だけどたった1つ好きな記念日があります。
それは自分が生まれた日。

全ての始まり。
毎年やってくる一区切り。

この1年もとても素晴らしかった。
近年まれにみるくらいたくさんの、なかなか出会えないような素晴らしい人々と
本当に運命的に出会った。

私を好きでいてくれる人たちがいるということ。
私を時々でも思い出してくれる人がいるということ。
私を喜ばせてくれる人がいるということ。
私を笑わせてくれる人がいるということ。
私を優しく見守ってくれる人がいるということ。

そんな全ての人々に感謝する日。
そして私をこの世に登場させてくれた両親に感謝する日。

今年はなんと私のことを日記に書いてくれた方までいらっしゃいます!
本当に幸せです。

明日はそんな皆様にありがとうのテレパシーを送る日です。


2002年02月06日(水) 花を愛せる人

今日また神様のサインがありました。
この前書いた、電車の中で読んでて泣きそうになった本を
あるメル友さんが偶然に今読んでいらっしゃったそうです。
この方とはよくそういうことがあります。
もしかして他にもそういう人がいるかもしれないので、もうちょっとだけ
この本について書かないでおこうと思います。
ということで、「今私を虜にしている1冊」をみなさん教えてください(笑)
もしサインにひっかかった方がいらっしゃればお知らせします。


今日はお花のお稽古だったんですが、このシーズンいつもバレンタインの
お花というテーマをやります。
といっても男性でお花を喜ぶ方はあんまりいないらしく、結局男性への
プレゼント用ではなくて、バレンタインのイメージのアレンジ
というタイトルになるのですが・・・。

確かにお花をあげて喜んでる男性をあんまり見たことがありません。
これはどうなんでしょうか?

おまけに日本の男性は女性にお花をあげるのもあんまり上手じゃないかも。
これはお国柄でしょうかね?

でもこれってお花屋さんにも責任があります。
最近はだいぶ素敵なお店ができてきましたが、まだまだ買いやすい
雰囲気を作れてるお店は少ないですね。
私が花屋さんなら、椅子とテーブルまで置いて、カードを書いたり
ゆっくり選べるようなお店にします。おフランスみたいに。

お花も別にバラとか高いお花じゃなくていいんです。
今なら寒いのでマーガレットの花束なんかでも充分もつしかわいいですね。
お花1輪でも私なら嬉しいですけど。
ルパン三世みたいに手の中からポンッとお花を出してくれる人がいたら
何もかも捨てて一生ついていきますけどね(笑)
ま、そんな日本人いないでしょうが。

小粋にお花を扱える男性が増えたら日本ももうちょっと文化的に
華やかないい国になるでしょう。
でもその前にまず、女性がもらったお花の水を毎日かえて、長くその花を
愛でられるくらいにはならないといけないですけどね(笑)


2002年02月05日(火) 神様のサイン

今日は街が静かだ。
なんでかっていうとUSJがお休みだから。
休園日ってやつ。(TVの特番の収録らしい)
あれが出来る前は、こんなだったよなーと思いながらガラガラの
電車に乗って神戸に髪を切りに行きました。

いつもながら私の言うことをまるで聞いてない大根田氏は、
勝手に髪の色を赤ともピンクともオレンジとも言いがたい、実に
今の私がUSJに行きづらくなるような色に染めていた。
(そんな色の髪の人のショーにしょっちゅう出没しているらしい安藤。
お揃いでそんな色にしたとは思われるのはちょっと・・・)

まぁねぇ、似合ってるんだけどね、正直。自分で言うのもなんだけど。
「今日はどうしますか?」といわれた時にもうちょっとで
「アメリにしてちょうだい」って言いそうになって
「いかん!絶対後悔する」と思いとどまりましたが(笑)
前髪はあのくらいパツンパツンなんだけどね、いつも。


髪を染める時に頭につけた薬がピンク色でした。
今日の口紅とチークもピンクでした。
そして首に巻いてたタオルも、ケープも、ガウンも、みんなピンクでした。
実は私の今年のお気に入りカラーはサーモンピンクです。
持ってきてもらった雑誌を開いたらそのページもサーモンピンクでした。

こういう時「うわー、神様のサイン」って思います。
ハッピーアイスクリームみたいなもんです。
全部がなんだか繋がってた時。
この頃このことに関してすごくよく書きますよね。

わらしべ長者みたいにリンクしていった先にすごいことが待ってた時なんか
「絶対神様のサインだ!」って思います。

昨日「アメリ」を観た時になんであんなに新鮮に感じたかと考えてたんですが、
きっと最近流行りの女の子は可愛らしくないからだと思いました。
やけにとんがったりしてなんだか殺伐としていて悲しい顔です。
だからはにかんだり、上目遣いだったりそういう引っ込んだチャーミングさが
ものすごく新鮮だったのです。
男の子はどう思うか知りませんが、そういう女の子ってなんだか少ないです。
だからかもしれませんが、私の周りで最近仲のよい女の子はみんなそういう人です。
私だって素敵だなって思う人としかつきあいません。
この頃友達になる素敵な人はみんな、ちょっと大人しくてはにかみ屋で
チャーミングな人ばかりです。

だからアメリを観た時にいろんな友達の顔が浮かんできて
よけいにアメリを好きになりました。
それと同時に好きな友達の事がどうして好きかも少しだけわかってきました。
これも神様のサインだったのかもしれません。


2002年02月04日(月) 幸せな顔

映画「アメリ」を見に行ってました。
詳細はギャラリーに書いてますが、DVD出たら確実に買うくらい
めっちゃくちゃ気に入りました。
はっきりいって私にとっては完璧な映画です。何もかもが。
ものすごーく幸せな顔で見てた2時間です。
優しい気持ちになって見ててニコニコとせずにはいられない。
ケーキを食べる時の女の子の表情みたいなそんな気分の映画です。

お花の香りをつけて行ってたんですが、それがまたぴったりきました。
別にメルヘンチックじゃないんだけど、やんちゃな感じと
はにかみやさんな感じがめちゃくちゃCUTEでした。

ものすごくよかったと思ってたら後の席の人が「まぁまぁだった」みたいな
ことを言ってたので、やっぱり私のツボは万人ウケじゃないと思いました(笑)
でも、私の日記を好きって言ってくれる人はきっと好きだと思います。
あー、お誕生日にこれ見たらもっと感動しただろうな。
あせって見たのが、なんか勿体無い。
もう1回土曜日に見に行こうかな。

あんまり幸せ気分だったので帰りに阪急梅田駅の成城石井で
チョコレートを買いました。
結構安いシンプルなトリュフだったんだけど、ものすごく美味しくて
さっきついつい全部食べちゃった。
だめだー、幸せって太る(笑)


帰ってからチラッと「ギンザの恋」を見ました。
昨日「おしゃれカンケイ」にトータス松本が出てましたね。
いつもは「堂本兄弟」見てるところですが長瀬君にトータス松本が勝つ!!
最近急激にいい顔になったよなー、あの人。
幸せなのかなー、彼も。
そう言えば土曜の「アド街ック天国」で大阪十三をやってて
それにもちらっと出てたなー。
彼等が出てたライブハウスは私も何度か出演したことあったので
なんかちょっと嬉しかったです。

あー、なんかまとまらない。
とりあえず「アメリ」見るべき!!!
たぶん安藤本人知ってる人、見たら「なんか安藤みたい」って思うと思う(笑)


2002年02月03日(日) ダメカフェ撲滅運動

先日、天王寺のHOOPに行ってコーヒーがムショウに飲みたくなったので
(この頃1時間おきにコーヒー飲むくらいカフェインバカになってるらしい)
スタバに行ったらいっぱいで、仕方なくその上の階にあった
Afternoon Teaに入りました。

Afternoon Teaといえば、日本の雑貨ブームの火付け役ですね。
どこの店もいつも行列ができてたので10年ぶりぐらいに行きました。

っが!!!!
これがスタンダードなのか、全く時代に媚びないのか?
オープン当初から全く変化していない内容に驚きました。

なんでカフェオレがスタバのラテの倍の値段なのか?
もしかしてあのバブル期から全く価格が変わってないのか?

しかもいまだにやっぱりカフェオレボールで出てくる。
おフランススタイルなのはわかる!
でもあれはすごく冷めやすいので出てきた段階でイッキ飲みできるぬるさだ。
完全にスタバよりマズイ。

この石を投げればカフェに当たるくらいカフェ天国のこのご時世に
あのスタイルは完全に時代遅れなんじゃ・・・。
もしくは、頑なにスタイルを変えない頑固な店なのか?(笑)
もはや、あのピカピカの内装もまったく目新しくなくなってしまった。

確かにこのカフェブームもきっとAfternoon Teaがなかったら
生まれなかったかもしれない。
どこにいってもお水がピカルディーのグラスで出てくるのも
間違いなくAfternoon Teaの影響と思われます。
でも、あんなんじゃ私はAfternoon Teaの先行きが心配です。

っていうか私ならやっぱりスタバに行きます。


そう言えばこのカフェブーム、なんとかならないでしょうか。
ブームだからってネコも杓子もカフェにするもんだから、いい加減な店多すぎ。
全然オーダー聞きにこないとか、あたりまえ。
カフェってくつろぐ場所のはずなのに、ストレスばっかり貯まるよ(笑)
結局カフェブーム初期からやってるお店が一番居心地がいいのね。
ひどい店だと家でいれたコーヒーのほうが美味しかったりするし(笑)
みんな、ダメな店には行っちゃいけません。
ダメなカフェは撲滅しましょう。

そんなことを考えながら昔からずっと居心地のいい
元町のアリアンス・グラフィックでぼけーっとコーヒー飲んでた安藤でした。


2002年02月02日(土) 日記っぽい日記

昨日書いた「東京ぬけ道ガール」かわいかったですねー。
4回しかないらしいので内容もスカスカですが、夜中のドラマなんて
あんなのでいいんです。
ともさかちゃんの衣装とかキャラとかかわいかったし。
タイトルロゴもかわいかった。

しかしねー、一番ビビッたのはエンディング曲がEGOだったことです。
まぁ、このごろあの制作事務所では、結構聴いてる人が多いみたいなので
誰かが使うだろうとは思ってましたが、それにしてもあのドラマに
「色彩のブルース」はあんまりしっくりこないんじゃ・・・。

まぁ、こうやって「いいなー」と思ってたものが流行りだしたりすると
「しめしめ、またきたな」とベッドの中でニヤリ。


電車にでも乗らないとなかなか本を読めないのですが、この前
温泉に行く前に1冊の本を何気に買ってみたのに、それがものすごく
素晴らしい作品で今その人の本を次々読みあさってます。
他のも読んでよかったら、そのうちギャラリーに載せますが
今はまだちょっと内緒。

今日ひさしぶりに電車で移動したのでその人の本を読んでたら
いきなりガツンと泣きそうになってしまって、思わず本を閉じました。
いやー、やばかった!!
電車の中で一人、いきなり泣いたらやっぱりおかしいよね(笑)

ちょっとおさまったかなと思って、ホームでまた本を開いたら
また泣きそうになったのでまた閉じた(笑)

本で泣きそうになったのは幸田文の「父、こんなこと」以来。
これを書いたらベッドでゆっくり泣きながら読もうと思います。


2002年02月01日(金) 誉められたい子

木更津キャッツアイみてたら遅くなっちゃった(笑)
いやー、やっぱし面白すぎ。またビデオ録画しちゃった。
ちなみに今晩夜中の1時半ぐらいに日テレ系(大阪では読売テレビ)で
「東京ぬけ道ガール」って4回だけのドラマがあるんですけど
ともさかちゃんで、確か演出がまたクレッシェンドの誰かだと思うんだけど。
とりあえずビデオセット!

今日ひさしぶりにウチのママちゃんと電話で話したんですが
やっぱり彼女は私が好きで仕方ないらしい。
だいたい彼女は、私のNo.1ファンなのです。
私が我が家の第一子であることも原因のひとつだし、弟があまりに
無愛想な人だからだということもありますが、とにかく彼女は
私が大好きで大好きで仕方ないのです。

子供の頃から私は彼女に、神童かのようにおだてられて育ってきました。
まぁ、それなりに運動以外はなんでも器用にこなせてしまうだけに
親としてもあまり手を煩わされる事なくスイスイやってこれたこともあるでしょう。
親戚からも「いいわねー、あんたのところは出来のいい子供で」と言われ
鼻高々だったところもあるようです。

まぁ、実際には今頃になってこんないい加減な暮らしをしてる
どっちつかずの娘になってしまったわけですが(笑)
それでも彼女はやっぱり私が大好きらしいです。

そんなこんなで、私は努力が嫌いなのに誉められるのが大好きです。
いや、むしろ誉められないとあっという間に死んでしまいます。
(前にも書いたか・・・これって)
だから、きっとこんな日記を書いたりしてるんでしょうが。
多少たまにお褒めのメールなどを頂いて気をよくしたりしています。
そんなメールに支えられて、こんな空気の悪い大阪の空の下でも
暮らしていけてるような状態です(笑)

きっと叱咤激励するタイプの親に育てられていたら、もっとタフな人に
なっていたんでしょうが、残念ながら私は弱い弱いへなちょこちゃんです。

先日もある方からメールを頂きました。
別に私の日記は上手くも何ともないので、テクニックに関して
誉められようとはこれっぽっちも思っていませんから
「なんか好きです」言われるのが一番嬉しいです。

というわけで寂しがり屋さんなのでガンガン感想ください。


安藤みかげ |MAIL

My追加