さんかくのしそう

2006年07月27日(木)

7時45分起床。8時20分出社。18時半退社。19時半テニス。22時ブログ更新。

サラリーマン時代の一時、自分の体力のなさや運動神経の落ち方に、かなりショックをうけていた時期があった。実際、その頃に若い頃の感覚でラグビーをして、鎖骨を折ったことがある。(笑)しかも、東京から出張で大阪に来ていて、仕事の前の日に大学のサークルに顔を出した時で、さすがにこの時ばかりは会社の人に合わす顔がなかった。

ところがサラリーマンを辞めてから4年経った今、体力、運動神経ともに昔のレベルに戻りつつある。まずは体重が目に見えて落ちたことが一つ。サラリーマン時代の最高体重は74キロ。現在は66キロ。8キロ減である。4年かけて8キロと考えると時間はかかった。

最初は専門学校時代のバイトが体力の要る仕事で、そこで水ぶくれ的な要素はかなり減った。体重は減らなかったものの、見た目はスキッとし始める。そして、今の仕事についてテニスをしたり、ジムで走ったりしているうちに、体重が減り、足腰がそこそこ元と同じような動きに変わってきた。

自分の身体イメージをどう持つかは、その人の生活スタイルや精神面に大きく影響すると思う。若い頃はできたが今はできない。そうした無意識レベルでの自分へ暗示が、昔あったような無鉄砲かもしれないが強い自信を失わせる。

今、体力が戻ってきた自分の身体イメージは大きく変わりつつある。若い頃とほぼ同じことができる。同じ世代の人間より動ける。身体イメージの変化は生活の質(QOL)を大きく変えることが、自分の体を通して実感できている。自分の何かが少しずつ変わりつつある。

このネタ、仕事のブログで使おうと思っていたが、忘れないうちにこちらに書き留めておくことにした。


 < 過去  INDEX  未来 >


issy