ゆとり

テレビを消して、音楽を消して、PCから眼をそらして、そして、部屋を見渡しながら深く息をつくと、何だかホッとするのです。

今日、聴覚障害についてネットで調べもものをしていたときにこんな文章に出会いました。

『じつはゆとりのないこころの現れは退屈と無気力です。時間をわすれてなにかに熱中できないことです。』

まさに私は退屈で無気力な生活を送っていて、時間を忘れて何かに熱中できていないと感じています。「こころのゆとりが足りないのか...」としばし考えてしまいました。この文章で、ゆとりとは遊びなのだと言っていました。遊びには充分な空間が必要だし、遊びには充分な時間も必要で、その充分な空間と時間というのがゆとりそのものなのだということでした。

静かな部屋のベッドに寝そべって静けさを感じながら、自分と対面してみました。心地良い静けさに身を任せてみました。退屈だな、面倒くさいなと思っている時には見えない周りの様子が見えてきて、自分がこの空間の一部であるということを感じ、また、静かに流れる時計の針が指す時間とは異なる時間を感じ、こころが落ち着き始めるのです。

こころのゆとりというものが、「はいこんなものです。」とは呈示できませんが、確かにゆとりというべき何かがあるようです。まわりに既に存在しているゆとりという環境を、人間が感性を研ぎ澄ます事で感じていくということなのかもしれません。私は研ぎ澄ますために立ち止まって冷静にゆとりを感じる時間を持ってはいなかったのです。ですから、色々とやってみるけれどそこから何の充足感も得られなかったのです。

テレビを消して、音楽を消して、PCから眼をそらして、学校のことも忘れて、そして、部屋を見渡しながら深く息をつくと、何だかこれまでこころを悩ませていた物事がふと遠くの方にあるような感じがするのです。よし、これからあそこにあるひとつひとつのことを順に、焦らずに淡々とこつこつと解決していけばいいや。そんな落ち着いた思考ができて、妙にホッとするのです。

これからは、ゆとりを感じる時間を一日の中に必ず作っていこうと思います。

過去の今日
2002年12月18日(水)

日記 / issy