空色の明日
DiaryINDEXpastwill


2019年04月30日(火) 平成最後の日

昭和から平成への改元の日は確か短大1年生で
天皇崩御から始まり国内が喪に服していて
あたり一面黒っぽかったという印象しかない。

再び遭遇した改元がこんなにもカウントダウン的な
大晦日的な感じになるとは夢にも思わなかった。

そして昭和が長かったので平成が30年で終わるとも
思っていなかったし、もしかしたら次の改元も
生きてるかもしれない。
皇太子は60才なので退位が定着すれば
長くても30年ぐらいで改元だろう。

昭和、平成ときて平成で一番印象的なことは?
とよくあちこちでやっていますが
私の中では間違いなく阪神淡路大震災だろう。
というか人生で一番印象的なことがこれだろう。

昨日母と話していて、
「震災以前の記憶がとても薄っぺらく
どうでもよいことのように思えるねぇ」と。

25歳で体験した私が言うならまだしも
51歳で体験した母の口からもそんなことが出てくるとは。

けれど、おそらくこの場に祖母がいたら意見は違っただろう。
空襲は受けなかったものの戦争を大人になって体験した世代だ。
震災は国内からの支援がすぐにやってきたが
戦争は日本人全員が非常事態だったのだから。

そんな戦争がなかった平成の30年間。
災害は多かったけれど、日本という国の長い歴史の中では
戦がない時代という意味では
平成という名の通りであったほうではないかと思う。
そのように努めた人たちがいたからこその平成。

明日からの令和時代がどうぞ穏やかな日々のなりますように。


安藤みかげ |MAIL

My追加