空色の明日
DiaryINDEXpastwill


2019年03月31日(日) ダンボ

実写版「ダンボ」見てきました。

ダンボってよく知らなかった。
それはなんでか。
子供の頃パラパラと絵本を開いたときに
どう考えても可哀そうな展開が待っているような
そんな泣いてるダンボの絵が見えたから
「可哀そうなお話、無理!」って避けてきたのだ。
そりゃ知らんはずだ。そして想定通り。

映画を観始めたらもう号泣。
ずっと号泣。
声を上げて泣きそうになってこらえるのに必死。

そうだった。昔の物語って結構ひどいよね。
動物愛護って本当に歴史がまだまだ浅い思想だよね。
でも確実に根付いてるからこんなに観ていて涙が止まらないのね。
ティム・バートンはそういうところを
オブラートに包んだりする人じゃない。
あの時代のあのままをきちんと実写化。

それでもやっぱりディズニー映画。
ちゃんと着地点まで持って行ってくれる。

映画であんなに泣いたことないわ。
っていうか動物系の映画みたの南極物語以来だわ。
ま、CGなんだけどね。

なんせダンボだからね。

ダンボを実写にできる時代が来たってことだね。

予告ではアラジンも実写化らしいぞ。
カーペットで飛ぶんだ、間違いなく。

それにしても今回のキャスト!
コリン ファレルは初めてだけど
まさかのマイケル キートン!!
そしてエヴァ グリーン!!
ティム・バートン監督の初期作品の常連マイケルと
ペレグリンで見事なキャラを演じたエヴァさん。

ティム・バートンのお気に入り俳優さんをつかうシステム好き。
他にもあんな人こんな人。

コリン・ファレルもファンタスティック・ビーストとか
いろいろと怪しい役をよくやる人だし
サーカスという設定はあの監督にはお似合いすぎる。
もちろん映像は最高に美しかったです。

あー、心がズキズキ。
でももう一度見たい。

春は動物のベビーラッシュなだけに
あの子やこの子がオーバーラップして泣けすぎる。


安藤みかげ |MAIL

My追加