空色の明日
DiaryINDEXpastwill


2019年03月17日(日) 類人猿愛

朝イチで美容院に行く。
ササっと終わったのが11時半。

我が家はバスが昼間は1時間に1本しかないという
とても不便な町にあり出かけるとなると
どうせなら1度であれやこれや済ませて
夕方のバスの多い時刻に帰りたくなるのである。

11時半ならもう一つ何かできるなと。
この前からずっと行きたかった京都市動物園に
ニシゴリラを見に行けるんじゃないか。
電車に飛び乗り1時間半。

最近のインバウンドの影響であまりに京都が
混みすぎてしまってもうずいぶん何年もご無沙汰しているが
昔は平日が休みの仕事だったのでよく
気軽に京都に行っていたのだった。
乗ってしまえば今はバスの路線図をもたずとも
スマホがなんとかしてくれる。

ちょうどいい具合に小雨も降っていて
ゆっくり動物園を見学するのはもってこいだ。

というわけで行きました。
リニューアルしてとてもきれいな動物園。
象がいっぱいいる!キリンも。

そしてお目当てのゴリラは公開時間が限定されていて
おまけに隠れる場所がいっぱいあるので
(子育てのナーバスな時期なので
公開を無理強いしないよう自分の意志で
見せに出て来たり隠れたりできるようにしてあげている)
なかなかお目にかかれない。
最初にうまく見ることができたけど
そのあとはずっと引きこもって寝ているようだった。

見せてもらえただけ行った甲斐がありました。
チンパンも去年夏に生まれたチビちゃんがかわいかった。
そしてシロテテナガザルのシロマティとクロマティも
たまらんかわいさ。

あぁ、私はなんて類人猿が好きなのだろう。
思えば、パンダ舎と類人猿舎にいるときは
時間が通常の3倍ぐらいの速さで進む。
まるで竜宮城である。
気が付いたらその3つの部屋をグルグルと何周も周り
あっという間に2時間ぐらいたっていた。
結局ほとんど類人猿舎で過ごして
夕方のラッシュを避けさっさと退却。

久しぶりの京都だけど何も食べず
帰りに高島屋の豆藤さんで卯の花と鯖煮を
晩御飯のおかずに買って、阿闍梨餅を買って
電車の中でお腹が空き過ぎて食べた。
お昼を食べることも忘れ類人猿に夢中になっていた。
私が食べることを忘れて何かをするのはこれぐらいだ。

母に久しぶりに電話して自分の類人猿好きぶりを
話すと「あんたは昔から猿が好きだ。
飼いたいとは思わないのか?」と聞かれたが
これが私、動物が怖くて触ることさえできない。
とかいいながら、過去に2回もシロテテナガザルの
赤ちゃんを抱っこさせてもらうという
貴重な体験をさせてもらってるのだが。
人でもなんでもワ〜ッと来られるのが怖い。
だからパンダを触りたいかと言われても
それはちょっと・・・なんだ、たぶん。

その行動をじっと観察するのが楽しい。
観ていて飽きない。
人類みな兄弟というが
私の場合は類人猿みな兄弟である。



安藤みかげ |MAIL

My追加