空色の明日
DiaryINDEXpastwill


2019年01月06日(日) 新年

新年あけましておめでとうございます。
って、もう6日。1週間も経ってしまったとは。
さすがに今年はゆっくりしたなぁという感じですが
まだまだ休みでもいいですよという気分です。
しかし明日から仕事、決算棚卸。地獄です。

年末に実家へ行きお年玉を前渡ししたり
食事をしたりして夜には家で紅白見たり。
今年の紅白は私世代には非常にプレミア感のある内容でした。
「紅白には出ない!」と言ってた人たちが
一緒の画面に映ってるとか。
松田聖子もさすがに年齢とともにkeyを下げるんだなとか。

1日は毎年同じ神社に初詣に行きます。
私は自分ルールで去年のおみくじを返して
新しいおみくじを持っておきますが
今年引いたおみくじが去年と全く同じ番号、内容でした。
中吉。
可もなく不可もなく静かにしとけよな内容。
今年もそんな感じでいってくれるといいかな。
午後から旦那さんの同僚の仲良しさんが来て
3人でぼたん鍋をつつく。
しし肉は不思議と温まってその温かさが持続する。
それにしても牛肉より高い。

2日は旦那さんの弟のところへ毎年恒例お年玉配り。

3日から旦那さんは仕事なのでそれぞれ行動。
お正月の間に母がついにスマホデビューする決心をしたので
買いに行くのについて行ったり教えたり。
こんな長い休みの時でないと
穏やかな心持ちでおしえることができないので。

そんなこんなで正月休みも終わる。
だんなさんと空っぽに近い財布を観ながら
「いやー、何も買ってないのにからっぽだねぇ」と笑う。
お年玉を上げられる余裕があるということは
ありがたいことだ。

今年も働こう。
ぼちぼちとという気持ちだけは持って。


安藤みかげ |MAIL

My追加