Niseko-Rossy Pi-Pikoe Review
DiaryINDEXpast


2017年04月23日(日)



タダマス25、リワインド、


3,4がストライクと、9,10がストライクに感想は分かれました、わたしは9,10のほうです、圧倒的な力量、二横綱の様相、えええ?おれ、元気無かった?、言い淀んでいた、煮え切らない?、


ブレックマンECM盤は、見事な工芸品としてのECM作品なので前夜に褒めたり腐したりの煮え切らないレビューを書いていたからだ、


テイボーンカルテットECM盤は、なぜ二塁打なのだ?、を、言えないでいるし、


蓮見令麻盤のピアノソロは、音像がもやけて柔らかいエッジがおれのクラウンで鳴らすようではなかった気もするが、ゲストの大村さんが日本人ぽい女性ぽいと、益子さんが、呑み込んでいる感じがする、と、そうそう、
強くない、魅せてない、だけど、点と点にまとわるコントロールのモーメントの柔らかい強さ、射程の計画を企図する安堵に行かずにその点と点を確かめ自分に耳をすまし、時間を生きる健気というのか、

















Niseko-Rossy Pi-Pikoe |編集CDR寒山拾得交換会musicircus

My追加