こころの思春期日記*おわり



                             こころの思春期日記*おわり


2005年07月01日(金) 病気治癒*思春期日記卒業

えーと。
突然ですが今日でこの日記は卒業します。
私の中での”思春期”を終了したためです。

日記の名前を変えればいいじゃないかと突っ込まれそうだけど(笑)
そこは勘弁してくださいw

サイトのデザインが代わり次第こっちもデザイン変わりますが
日記は入れませんので、マイエンピツ・お気に入りしてくれてる方は
削除しちゃって構いません。
サイトは”超前向きメンタル系”で継続していきます。

完治とまでは言い難いですが、
まあほとんど治りました。病院への通院はまだ継続です。
鬱っぽさが抜けないのですー。低血圧から貧血が出てきて。

5月の後半だっけ。札幌の医院まで一人で行きました。
電車がやたら長いように感じたのはずっと快速に乗ってたからでしょうねw
診察で先生に聞いたところ、どうやら2年ぶりらしかったw


森田療法で問えば「症状の有無」を完治とは呼ばないらしい。
しばらくの間発作が起こらないから治った?とかそういうのではないとか。
…さすがに厳しいな。私はそこまで極めないがw

その意味も最初は分からなかったのだけど、今になってやっと分かります。
や、ここまで来るのにほんと、めーーっちゃ大変だった。

私は自分の怒りや悲しみの感情をリストカットで
紛らわしてきた日々がありました。
画像もここに貼り付けたこともありました。今思えば全て無意味です。
”無意味”という言葉で締めくくれないけど、
あの時はそうするでしかなかったけど
他にも発散する方法は自分を痛めつける事以外に沢山あるのでした。
それに気づくのが遅かった私は悲しいです。


過去の今までの日記を振り返れば
理解してもらえるかもしれないけど、心を病むのは本当に恐ろしい。
恐ろしくもあり私は、その心を病んだ所為で学んだことが私の体の全て。

消したい過去とかトラウマとか絶対何をしても消えない。
また消そうと思う、それに努力する無意味さを同じ病気の人には
分かってほしい。

逆にトラウマや傷を消すことは勿体のない事。
自分の考え方と努力次第でそれを大きくプラスに変えられる。
そしてそこから学んだ事で大きく成長できる。
それに気づけた時にはマイナスがプラスになってるでしょう。


逃げれば逃げるほど苦しくなる辛くなる、
これは消そうと努力することから起こります。
だからもうね、前しか見ちゃ駄目。過去は後ろは振り向かない。決して。

たとえ発作を起こしたり具合が悪くなったとしても。
そんな自分が情けなくなっては悔しくなって落ち込んでもいい。
涙が枯れるまで落ち込んだら次は這い上がろう。
たとえその時は後ろ向きでもその場に留まっててもいい。

必ず、這い上がること。
それから難しいけど治すことを忘れること。
したいことをすること。仕事や恋愛や旅行でもなんでも。
それをしてる間、少しだけ病気や発作を忘れてるでしょう?

そう、その繰り返し。

自然に発作や予期不安が全く気にならなくなる。
それが”治った”ということ、らしい。病院の先生に言われた。

私は森田療法の良い面、認知療法の良い面、他の治療法の良い面だけを
自分オリジナルでその時その時の自分の状態・状況に合わせてやってきました。
結果これが良かったみたい。

や、森田療法って厳格なところあるでしょ、あれ私も苦手だもん。
言ってる意味は分かるんだけど、今の時代と森田療法のできた時代は違う訳で。
だから自分なりのオリジナルでやってきたわけです。


パニック障害の悪いところは発作によって起こる外出恐怖。
具合悪くなってもいいから少しずつ、外に出る習慣をつけること。
ただ出るだけじゃすぐに元に戻るから(苦しいから今日は辞めよう。
そして次の日もまた…と延びていく訳)。

私は図書館通いしてました。かなりの本好きになったw
本を借りて、一週間後とかには返却に行かなきゃいけないように(笑)


ひとつ言えるのは外に出ない日を増やさないこと。
もっともっと精神的に感情が敏感になるのです。これはかなりの経験済みw
そんな時に外出の用事(通院)が出てくると、ひどい発作になる。

まあコレも、耐えるしかないです。
自業自得だと思ってました。私の場合は。
苦しいことから逃げて家に引きこもるような形になって。
それが情けないのに、いざ外へ出てみるとひどい発作。

どれだけその間怠けてたか、知るはず。体力も落ちて。
どれだけ自分の病気と…いや、心と向かい合えなかったかも知ると思う。

そのうち、波はあっても発作の落ち着く隙が出てくるから
その隙を狙ってくださいw薬飲むなり、少し体が動ける間に行動しておく。


だけどね。
どれだけ治ったから真似してみて・参考にしてみてとは私は正直言えない。
これは私の経験であって、個人千差万別だから
私はこうして良くなった、けどあなたの場合は違うことで良くなるかも、
とも言えるから。少なくとも頭でっかちになる。家にいると。
もう私、頭が重いですもんw


逃げない、という事の意味をもう一つ例をあげておきます。
私は、とある同じ病気の人のサイトに辿り着きました。そこで
読んだ日記は、甘ったれた生き方をしている内容でした。

生活保護に甘え、精神障害者手帳に甘え、障害年金に甘え、
それでも納得がいかずに、ぶーぶー言っていた人がいたということ。

私は今は、まだ保護を受けています。
でも、手帳や障害年金は受けません。これは決めています。
国の制度に甘えてしまうことは本当に恐ろしいことです。
病気から、真っ向から逃げているからです。

手帳や障害年金を受けても病気は良くなりません。
この病気で言えることは、行動すること。
家で寝込んだり、家に閉じこもることは治療じゃないんです。
それは逆だと言うことに気がついてほしい。
逃げないで、自分を甘やかさないで。(鬱状態の時は別です、もちろん。)


そして最近、オンラインでの友人が亡くなりました。
でもねー。最初は数日、胸が重くて悲しくてたまらなかったけど
生きていかなくちゃね。私は。諦めたらアウト。

感情移入して考えすぎてしまうと、
彼女と同じ気持ちになりかねず、それを知ると絶対、駄目。
同じ気持ちになってはいけない。理解しても駄目。
何度かこんな不幸を経験してるだけあってその辺だけは言えます。
↑今もまだ、似たような形で思ってる友人に言います。



きっと大丈夫。今もし発作の人がいたら今その苦しみは
1秒後、10秒後、1分後、5分後には通り過ぎた”過去”になる。
苦しみから楽になろうとしたら駄目かも。パニック障害は。
自分自身をどうしても苦しいが為に甘やかしたり人に甘えたりするから。

私も職場で吐いたりしたけど何でもなかった。
あー、こんなもので今まで10数年も悩んでたのか。
と馬鹿くさくなった。

不思議と悩んでるうちはそれが悩みなのにね。
だけどこれは何度か経験あるけど本当に不思議でたまらん。
だからって”不思議”の探索はしたらいけない。


体が疲れてる時には発作は起こしやすいものです。
寝不足・徹夜・まぁ…不健康な生活リズムだと発作は起こしやすさ大かとw
これも私、かなりの経験済みです(笑)
なったらなったで、まったりと落ち着くのを待とうね。
治らないものはない。

寧ろ私は、病気があったから学んだことが沢山あって
これで良かったと思ってる。
過ごしてきた日々はとてつもなく、つらく苦しい記憶に残っているけど、
今は違うからね。マイナスだった日々も今ではプラスとなってくれてます。
=病気から学んだもの。


検索からここへ来てくれる人へ。

薬の名前での検索から来てくれる方が大半ですが
それらの薬はあなたに必要であるから出されたものなので安心してOK。
心配ならどういう薬かここで知ることが出来るので行って下さいね。全て別窓です。
おくすり110番・・病院の薬がよくわかる

”鬱(または”うつ”)での検索も多いのでこのサイトを参考に。
UTU-NET うつ病、パニック障害、強迫性障害(OCD)情報サイト

体の不調で悩んでる人も居るのでその場合も、一度内科へ。
診察では問題がなく、けれども自分ではその症状や具合を気にしている、
という方は精神科・心療内科へ行くことを勧めます。

内科とほとんど同じ診察なので全然問題ありません。
私も最初はどんなトコだ((;゚Д゚))ガクガクブルブル って感じだったけど普通w
寧ろ放っておくと、自然に治る場合もあるんだろうけど、悪化するかと。
初期の段階だと治りが早いです。私が悪化した症例みたいなものですからw


私が言えることはそのくらいで、もうひとつ言うなら
悩みや愚痴を話せる人が一人でも居てくれる環境であることを祈ります。
自分のことを人にさらけ出すことは悪い事じゃありません。


最後に私の担当医からもらったこの一言を入れて終わりにしたいと思います。
easy to remember bat so hard to forget.


追加です。
上の英語は簡単に略すと「覚えやすいけど忘れにくい」という意味。
中国の思想家・孔子が唱えた言葉(論語)らしいです。

病気だった事は覚えやすいけどそれまでの出来事は忘れにくい。とかね。
なんかコレ、いろんな面でも良く言えてるなぁって思います。




過去                 INDEX                 


  登場人物  home  Mail  


My追加