空色の明日
DiaryINDEXpast


2018年04月14日(土) チコとシャン

今朝、「半分、青い」を観てそのままテレビつけてたら
新番組「チコちゃんに叱られる」が始まった。
久しぶりに衝撃を受けた。
チコちゃん、可愛すぎる。
ルックスがたまらなく。
喋り方から吉本の芸人さんだろうなぁと思ってたけど
まさか木村祐一さんとは。
最後のテロップで声・木村祐一というのを見て
「あぁ、来週からはもうキム兄にしかみえないんだろうな」
とちょっと残念に思う。
誰かわからなかったほうが面白かったかも。
でもきっと来週も「半分、青い」からのチコちゃんで
観てしまうのだろう。


今年も花粉で目がかゆい。
ヒノキかイネ科か。
アルガードが手放せない。
あれはほんとに一発で治る。
職場の上司が今年から花粉症になり
アルガードデビューした。
「これすごい」と二人してアルガードを手に点眼する。


シャンシャンの成長がすさまじい。
毎日新しくできることが増えていく。
子育て中のお母さんってこういう変化をみて
「1日観ていても飽きない」というのだろう。
私もシャンシャンを一日観ていても飽きない。

それにしても飼育員さんって大変だ。
掃除して、餌あげて、掃除して、餌あげて
動物が飽きないようにちょくちょくレイアウトとか
いろいろ変えてあげたりして
その間にも体調をチェックしながら
毎日毎日、それはまるでお母さんそのもの。
パンダライブでは飼育員さんのそんな
努力の姿が感じられる。
パンダがいかに快適に過ごせるかということを
日々ずっと考えてお部屋や屋外運動場を整える。
この前はシャンシャンが寝るための専用サイズの
やぐらをお兄さんとお姉さんが作ってた。
お姉さんなんかやぐらの下に潜り込んで
汗をかきかき作業している。
涙ぐましいそのお仕事の結果
シャンシャンは初日からずっとすっかりお気に入りで
そこで眠っている。
動物の本能として弱い子供は高いところが
安心して眠れるのだろうな。
お母さんが占領できないように
ちょっと小さめに作ってある。
でも初日、シャンシャンが来る前に
パパのリーリーがさっそく見つけて
ものすごいマーキングをしまくって去っていった。
やっぱりあのパンダ舎のボスはリーリーだ。

飼育員さんの中でも私が神飼育員さんと
密かに呼んでいる人がいる。
眼鏡をかけた男性の飼育員さん。
その方は黄色いメジャー測定をしたり
長靴にシャンシャンをぶら下げてた人。

シャンシャンは夕方お部屋に帰る時間に
なかなか自主的には部屋に向かうように
習慣づいていないため、今までは飼育員さんが抱っこして
お部屋まで連れて行っていたのですが
さすがに20堋兇┐燭△燭蠅らそれも
労災を生まんばかりの過酷な重労働になり
どうなることかと心配していましたら
ある日、なんとその神飼育員さんは
シャンシャンをポンポンと撫でただけで
スルスルと木から降りて
自分からお部屋へ歩いて行ったのです。
飼育員さんは横を歩いて見守っているだけ。
他の人ではなかなかそこまでスムーズにいかないのに
その人の時はちょっと撫でるだけで以心伝心。
っていうか、この人パンダ語絶対喋れるわ!
パンダよりパンダ語喋れるわ。
シャンシャンの両親よりシャンシャンを操れるわ。

動画を見せながら「すごいすごい!」と騒いでいたら
心無い大人の旦那さんが
「裏でめっちゃしばいてるんとちゃうか?
だから言うこと聞くねんで。
動物ってそんなもんや」と
中国政府が聞いたら即返還要求されそうな暴言を吐きました。

嫁がシャンシャンに夢中のあまり
悪意に満ちたおじさんの暴言、ごめんなさい、神飼育員さん。


安藤みかげ |MAIL

My追加