空色の明日
DiaryINDEXpast


2018年06月18日(月) 地震に勝つ

毎朝8時前に自宅を出て出勤します。

準備して、ごみ出しの用意をして
「さぁ、出かけるぞ」とテレビを消したときに
きましたね、グラッとね。
私のところは震度5弱。

神戸の時は怖くてうずくまってしまうしかできなかった。
でもこの20年間、ずっと小さい地震で
瞬発力を鍛えていたのだと思います。
揺れて大きいとわかった瞬間、ほぼ反射的に
鞄と携帯を握りしめて玄関のカギを開けて
飛び出すことができました。
ちょっとカギで手間取ったけどスリッパのまま
表へ飛び出せた!

それが自分では「やったぞ!」ってかんじ。
すべて想定通りにやれたことが。

ちょっとドキドキして手が震えたけど
ちゃんと想定したとおりにやれた!
怖かったけど、それよりこの達成感!!
そっちのほうが大きくて自分では「勝ったぞ」気分。

ま、震度7と5弱じゃ全然違うんですけどね。



とはいえ、電車は全部止まっちゃってるし
とりあえず身近な線がお昼に再開したので
行けるところまで行ってそこから歩いて出勤。
会社のデスクの引き出し、全部開いてた。

大阪北部ではあるけれど私の職場はセーフ地域でした。
西のほうだったので。
東のほうがひどいみたい。

でも家に帰ってお風呂に水を張ったら濁ってた。
2杯目も濁ってたのでもうそのままお風呂に入る。
入れるだけ全然まし。
「入れるうちに入っちゃお。こんどいつ入れるかわからないし」と。

市の水道局のHPを見たら「濁ってたら電話して」と書いてるので
夜の9時だけどかけてみたらちゃんと出てもらえて
「そのあたりでそういう報告をいただいてます。
昼に留守にされてて今帰ってきてお風呂を入れたらたぶん濁ります。
でも何回か出してもらうときれいになるし飲んでも大丈夫です。」
と言ってもらえて安心。


とはいえ、余震もちょっと少ないし
明日から大雨っていってるし
土砂崩れ警戒地域がすぐそばだし
不安はいっぱい。

でも「なるようにしかならない」と
開き直れるようになったのが20年前の私から成長したところかも。




安藤みかげ |MAIL

My追加