空色の明日
DiaryINDEXpast


2017年03月25日(土) お彼岸の次の週

映画「3月のライオン」を見てきました。

実は漫画もアニメも見ていません。
だから全く情報なし。
ただ神木君の仕事がよさそうな気がしたので。
まさかお正月の「聖の青春」に続き
3ヶ月の間に2本も将棋映画を見るとは。
しかも、ルールほとんどわかってないのに。

なので、迫真の対局シーンのすばらしさは全く分からず
残念なかんじなのですがそんな私でも
いい映画だなぁと思いました。
「聖の青春」はなんで日本アカデミー賞をとらなかったか
全く分からないと思うのですが
あれと違ってもやっぱり神木君は天才。
見入ってしまった。

他にも豪華な俳優陣が出ていたのですが
その中で一人
「この表情は知ってるのに誰だかわからない」人が
一人いたのですがエンドロールを見て
染谷将太くんと判明。
確かにそうだ、あの表情、あの喋り方は染谷くんだ。
特殊メイクってものすごく進化してるのね。

佐々木蔵之介さんはやっぱり和室が似合うわぁ。
そして将棋も似合うわぁ。
なんだろ、関西人でも京都の人はそういうイメージなのか。
堤真一さんとは違うわ。あの人は甲子園が似合うわ。
(たぶん京都に憧れる兵庫県民の勝手な思い込みだと思うが)



話は変わって近所にある美味しいうどん屋さんで
ときどきライブをやるのだが
なんと浜田真理子さんのライブがこの週末にある。
もちろん気づいた時には完売してたが。
まさかうどん屋で。
侮れない、美味しいうどん屋。
しかもこんな住宅街の中で。(空港はかなり近いが)

そこでは冷かけが美味しい。
冷たいかけうどん。
そこに行くまでそんな食べ物があることも知らなかった。
普段家でいりこだしを使ってるので
さぬき風のいりこのおつゆに出会うとほっとする。
たぶんそれが私の心に響くのだろう。
浜田さんもぜひあの美味しいおうどんを食べて帰ってほしい。


先週お彼岸に行きそびれたお墓参りに。
お彼岸のあとなのでどこもお花がいっぱいで
お墓はとても華やかだった。
最近もう全然父や祖母の気配を感じない。
いないことになれていくものだな。
でも美味しいものに出会ったりするとつい
「ここお父さん好きそう」と言ってしまうときに
それが彼の残していったものだなと思う。
そういうもので私が形成されているのだな。


安藤みかげ |MAIL

My追加