東京の片隅から
目次きのう


2020年07月20日(月) ハイキュー!完結

少年ジャンプのバレーボールマンガ「ハイキュー!」が完結したらしい。
本当だったらオリンピック開幕で、主人公たちの日本代表としての闘いと、リアルなバレーボール代表の闘いをつなげて、あえてこの時期の連載終了を意図したのだろうけど、こういう情勢だ。1年先でつながるのか、それとも3年先まで持ち越されるのか。
そしてちょっと驚いたのが、この連載終了で、ジャンプのスポーツマンガがゼロになるらしい。
ジャンプのマンガと言えばスポーツのイメージがあったのだが、よく考えたらキャプテン翼やスラムダンクや黒子のバスケはスポーツマンガだけど、ドラゴンボールもこち亀も聖闘士星矢もNARUTOも銀魂もブリーチも全然スポーツじゃないので、案外思い込みなのだった。 


2020年07月19日(日) 年かな

月曜日から金曜日までの疲労が土日で抜けない。


2020年07月18日(土) いつもと違う夏

例年なら、夏休みが始まっていて、ポケモンの映画を見に行って、ポケモンスタンプラリーの回り方を考えているはずだった。
オリンピックでいつもと違う夏になるのはわかっていたけど、そこからもずいぶん遠くに来たな、と思う。
「いつもの夏休み」はたぶんもうこれから先も戻ってこない。


2020年07月17日(金) キャンセル

8月の夏休みに伊豆に行くつもりで宿を予約していたが、このご時世なのでキャンセルした。
近場には出かけるかもしれないけど、2つ離れた県はちょっと難しいかな、という気持ち。
いろいろと制限のある日々、子どもは説明すればわかる年齢だけど、納得は出来ないだろうな。
でもうちはまだ中学年だからいい。今年の6年生は行事がすべて飛ぶんじゃないだろうか。卒対がまだ全然動けていない、という話を聞いた。10年20年経てば笑い話になるかもしれないが、その最中はなかなか割り切れないだろう。


2020年07月16日(木) 目からウロコ

会社で、中国南部出身の同僚に、当地ではゴーヤは薄くスライスして水サラシか塩もみで苦みを抜いて食べると聞いた。日本人はなぜあんなに分厚く切るのかが不思議だそう。
沖縄のゴーヤチャンプルーの影響なんだろうけど、層か本場の人でも苦いものは苦いんだ、と目からウロコであった。
ちなみに彼女の一番好きなゴーヤの食べ方は、薄いスライスに唐揚げ粉をつけて揚げるものらしい。
今度やってみよう。


2020年07月15日(水) トリートメント

白髪が目立ってきたのでときどきカラートリートメントをするのだが、カラートリートメントした後は髪のコンディションが良い。何か良い成分が入っているのだろうか、と考えたりもしたのだが、よく考えると、普段の何倍も多く使って普段の何倍も髪になじませているから、単純に量と時間の問題ではないかと思った。今度普段のコンディショナーで同じ量で同じ時間放置してみることにしよう。


2020年07月14日(火) チリモン

シラスの中に何だか細長い魚を発見。たぶんヤガラだ。
アジはよくある。イカやタコもある。サヨリも見たことある。でもヤガラは初めてだ。
何だか得した気分。


2020年07月13日(月) 息苦しい

前にも書いたけど、マスクが辛い。酸素が足りない。真夏になったらどうしよう。
ただ息苦しいだけじゃなくて、異動で疲れているので、余計息苦しく感じるのだとは思う。
しんどい。


2020年07月12日(日) 梅雨だから、梅雨なのに

梅雨だから仕方ないけど、毎週土日が雨だと気が滅入る。今年は特に乾燥機の出番が多い。


2020年07月11日(土) 「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。」

川上和人「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。」読了。
鳥類学者の先生のエッセイである。
子ども科学電話相談やNHKスペシャルなどでときどきお見かけするが、エッセイも面白いのであった。文章のテンポがいい。ちょこちょこ挟まれるサブカルな小ネタに既視感があると思ったら、同学年なのであった。そりゃネタがだいたいわかるはずであった。


はる |MAIL